家を建てるということ(その42)壁紙クロス施工開始(^^)/ 


みなさんこんにちは(^^)/
新築工事ですが、ついに今週から内装壁紙施工に突入しています!
首都圏は連日の酷暑で内装作業もかなり厳しいはずですが、担当してくれているクロス屋さん(3名)、とても素晴らしい施工技術をお持ちのようでどの箇所も素晴らしい仕上がりになってきています(◎_◎;)
素人から見てもただただ感心するばかりです・・・

まだほんの一部が開始された段階ですが、その技術力の高さは十分にうかがい知ることができます☆

きょうはそのほんの一部になりますが、書斎の壁面の一部を写メしてきましたのでご覧くださいw


20180719_182229.jpg



端々の処理がとにかくキッチリしていて貼りムラ感も皆無です。ビシぃ!っときまったライン、出隅や入隅に壁紙の端部を持ってこないように貼ってあるのでとてもすっきり見えます(;・∀・)
ハッキリ言って神レベル、、、私には絶対真似できませんわコレw

category: 戸建て

thread: 家を建てる  -  janre: ライフ

TB: 0    CM: 0   

NAS環境からのネットワークストリームオーディオ計画 


みなさんこんにちは(^^)/
今日のエントリーは戸建てシリーズから少し離れて、自室でのネットワークストリームオーディオ環境を構築する事について触れていこうと思います☆(厳密には新居の書斎で新たに構築しようという事ですねw(;^_^A)

最近、音楽を聴く場面はそのほとんどが通勤・帰宅時の電車の中で64AudioのA18tとiBassoDX200のゴールデンコンビ(笑)
の活躍によるところが多いのですが、今回の新築を機に、改めて自宅でのオーディオ環境にも今一度向き合ってみようと考えているところでした

そういう考えの中で、今それなりにwしっかりと構築するのであれば、やはり昨今のNASからのストリームオーディオ再生は外せないだろう!という考えに至るわけです

ひと昔前のように、CD媒体を直接買うことはほとんどなくなってきていますし、インターネットサイトからデータをDL購入することがほぼ99%占めているわけで、それらのデータを安全な冗長環境であるSynologyNASのRAIDシステム上に保管している現状では、ストリーム再生に対応した据え置きアンプの導入は個人的な課題としても待望論であったわけですw

かくして、このタイミングでピュア(系)オーディオ環境の再構築となるわけですね(;^_^A


環境構築に必要なものは--

・NAS(Synologyをすでに運用中)
・2chスピーカ+低音専用にホームシアター環境のDENONからサブウーハーを移行
・プリメインアンプ

この3つになります。このうち新規で追加したのは2chスピーカーとプリメインアンプになります。

・スピーカーはTANNOYのMercury7.2を個人輸入
・プリメインはONKYOから巷の評価も高いINTEC R-N855をチョイス

【INTEC R-N855概要】
ONKYO独自のアンプ技術「VL Digital」を採用し、より正確なパルス変調方式を実現した、ハイレゾ対応の高性能デジタルアンプ。Wi-FiやBluetoothにも対応。独自技術「VL Digital」「VLSC」の搭載と高品位パーツの採用により、単品オーディオコンポーネントと同等の再生能力を実現する。FLAC/WAV/AIFF/Apple lossless 形式でのハイレゾ音源に加えて、DSDの再生やPhono入力端子などの豊富な端子により、さまざまな音源が楽しめる。


となっています。WiFiや有線LAN、さらにPCとはSPDIF光接続でビットストリーム出来ます。
スマートフォンアプリからの操作にももちろん対応しているため、これでNASに格納されたMusicライブラリーを自由に再生可能になります。2chのみの再生もできるし、特にPCからのNAS経由のBlueRayストリーム再生時には2ch+サブウーハーでの再生環境が手に入ります。ここは今までとほぼ同様(今はFOSTEXの2.1ch再生)の運用範囲ですね。

勿論、課題がすべて解決するわけではありません。音楽環境はこれで個人的な満足の域には達すると思うのですが、問題はムービー再生の環境なんですね(;^_^A

日ごろNASにBlueRayデータをため込んでいるので、どうしても再生はPC上でおこなっています。そうすると動画のディスプレイはおのずとPC用の35インチUWQHD(3440*1440)のACER Z35P(個人輸入)に頼ることになり、AVアンプを別途立ち上げての再生にはスケール感がアンバランスになってしまうのです。。。

私は日頃からTVというものを観ませんので、49インチのLG電子のTVはリビングに預けてありますw
かといってチューナー搭載のTVをこれから買うというのも何とも馬鹿らしく思えてしまい、、、という感じで今は我慢しております
最近、SONYが業務用と想定ではありますが、個人でも購入可能な大画面モニターをリリースしていますが、今後他社からもそういった製品が充実してくればそのうち55インチ程度のモニターは可能かなというところです、その際にはホームシアター環境のリビルドにも手を付けていくことになりそうです

とりあえず、新居での生活開始からは2.1ch音楽再生兼PCムービー再生環境はリビルドできる感じですね
ただ、DolbyAtmos系の再生は早めにPC経由でも可能にしたいんですよね。。。(;^_^A
そうすると別系統でAVアンプを購入し、スピーカーも別途用意(既存のDENONトールボーイ型でもよいですが)と、、、なかなか資金はかかりそうです

ちなみに天井へのスピーカー設置は小屋裏からの配線引き回しなどはできるようにしてあるので、拡張面では問題はありません

category: ミュージック

thread: ホームシアターとAV機器  -  janre: 映画

TB: 0    CM: 0   

家を建てるということ(その41)トイレの壁にウォルナット片タイルを施工('ω') 


みなさんこんにちは(^^)/
前回の洗面所の床タイル施工に続いてのタイルネタです(;^_^A
今回はトイレの壁に無垢ウォルナット片をタイル貼りしてみました

材料はマスターウォール(https://www.masterwal.jp/)から取り寄せました

マスターウォールといえば、ウォルナット無垢材で出来た高級家具などで有名ですが、今回のような無垢材の木タイル材料も売っているんです(^^♪
お値段は1㎡(約100本)で2万円強と、、タイル部材としてはかなり高いです(◎_◎;) しかも値引き一切無しw

今回はこれを5㎡分買いまして、トイレとリビングの一部に施工しちゃおうというわけです(;´・ω・)
0923122353_59c5d3c96d077.jpg

ウォルナット片は1本400mmの長さに切られていて高さが25mm均一、厚みは5mm、7mm、9mmのそれぞれ3種類あります
この厚みの違いやどれ一つとして同じ色味の無い木材の生み出す模様などがいわゆる乱尺貼りという手法によって独特の表情を持った美しい壁面にしてくれます
ウォルナットの集成材などでもよくこの模様になっているのを思い出される方も多いと思います(^^♪

トイレの壁面は両入隅のため、完全な乱尺貼りの手法が使えないので、あらかじめ壁面の幅778mm(実寸)から、1/2、1/4、1/8、それとそれらを足した長さ(例えば5/8とか)などをノコギリで切り用意していきました
それを床に仮並べをして、凸凹感や色味の配置、それとさし色に使う白太部分の薄い色味の材料を自分の好みで配置していきます

20180707_122731.jpg


厚みが上下左右で同じにならないように、かつ切れ目の部分がなるべく上下で重なった位置に来ないように、パズルのように配置を作り出していきます(◎_◎;)これが結構しんどいww

納得できる感じに配置が決まれば、あとはひたすら木工ボンドで張り付けていくだけです☆

作業上、大変なのはやはり木片のカットですね
ノコギリで100本近く切ることになるので、1枚当たりすぐ切れるとしても、かなりの労力は伴います(;'∀')

20180707_192240.jpg


このあとクロス業者さんが壁紙を貼るので、少しクリアランスを取って貼り付けるようにします
(今回は778mm幅なので、木片タイルの総長さは772mm程度にしています(左右3㎜ずつ余裕を持たせる))

数時間で完成します(^^)/

20180708_172102.jpg




このあとは1日程度養生し、後日亜麻仁油を刷毛で塗りこんで完成となります(^_-)-☆
これで1箱約1㎡分をほぼ使い切った感じです。後日今度は4㎡分をリビングの壁の一部に施工します
その際は本当の乱尺貼りをする予定ですので、また改めてこちらのブログでエントリーしてお伝えできればと思っています☆





category: 戸建て

thread: 家を建てる  -  janre: ライフ

TB: 0    CM: 0   

家を建てるということ(その40)洗面所の床タイルをDIY施工(^^)/ 


みなさんこんにちは(^^)/

本日のエントリーはDIY動画です(;^_^A
新居建築のほうは、建て方も大詰めとなっておりまして、2Fのほうは建て方ほぼ終了であとはキッチンなどの各住宅設備、壁紙、照明取付といった工程が残るのみです。1階がまだ石膏ボード取り付け中で、その間に施主DIYにて2階の洗面所の床にタイルを施工しましたのでその一部をお伝えします(^^♪






このあと、目地詰めの作業をおこなって終了となります。(実はこの目地詰めもなかなか難しかったりしますw)
施主施工の部分はこの他に、同洗面所の一部の壁にタイル施工、書斎の一部壁をタイル施工、キッチンエリアの壁もタイル施工、リビングの一部壁とトイレの一部壁に無垢ウォルナット片のタイル貼り施工。。。。と
てんこ盛りでして(◎_◎;)

まだまだ施主施工箇所全体の10%ぐらいが終わったという感じですね(-_-;)
先は長い、、、でも!かなり楽しんで取り組めてるので、なかなか無いこのチャンスを貴重な経験として蓄積しようと思います☆

category: 戸建て

thread: 家を建てる  -  janre: ライフ

TB: 0    CM: 0   

家を建てるということ(その39)書斎の内装プラン 


みなさんこんにちは(^^)/
本日のエントリーは私の書斎の内装プランニングについてです(;^_^A



PCゲーミング、特にTPS/FPS系が好きでよく部屋にこもりますw
勿論、上手なわけではないんですがw カジュアル勢として日本ではあまり多くない!?PCゲーマーの端くれをやっております
そんなことで、新築に合わせて書斎のプランも慎重にせざるを得ず、かねてから色々と計画を立ててまいりました。
きょうはそんな書斎のプランニングを全て公開していこうと思います。
※以前にお伝えした内容物と少し被るモノもあるかもしれませんがご了承ください(;'∀')

今住んでいる旧家から引き継ぐ資産も少なくないのですが、今回の新居に合わせていくつか購入したものがあります。


ACTUSブランド five by five のGRAHAM SOFA 2.5P
 W206xD99xH75xSH42cm LeatherClass RD-716D \439,000  (配送料別途 \5,000)

graphamsofa.png








PCデスク ウォルナット無垢集成天板(白太有り) W180xH75xD3.6cm
 自然塗装クリア仕上げ \96,820  スチール製脚セット+鬼目ナット(M6x13/16個) \36,220

1492483157.jpg

legs22_1.jpg








 
③プリメインアンプ for PCスピーカー ONKYO INTEC R-N855 \54,354

onkyo.jpg








④PC用ブックシェルフスピーカー(輸入) TANNOY Mercury7.2 輸入消費税込み 約\42,000

cde0c4504b7f6ab739f8b81c67154cfa.jpg










⑤ゲーミングチェア NobleChairs ICON Real Black Leather(輸入) 輸入消費税込み 約\110,000

GAGC_086_03-800x800.jpg




細々とした小物類を除いて、以上の5品目を新たに購入しました。ざっと80万円弱の出費になっています(-_-;)
ハイエンドPCやウルトラワイドモニターはすでに所有しているので、なんとか100万の大台突破は免れましたねw

設備類はこのような感じで、一方の書斎の内装仕様ですが。。。
まずは簡単なホームメーカーソフトでCGを作ってありますのでこちらをご覧ください(;´・ω・)

※クリックで大きなサイズになります
書斎_saisyuu_MM01



見るヒトによっては、かなり特異な(;^_^A 部屋に映るかもしれませんね(大汗)
コンセプトは石組み内部の雰囲気(古代エジプトの構造物のようなw)とウッド感を感じられること。。ですw
壁紙をあえて1種類に絞り、それを壁面と天井・さらにはクローゼットや物入の中にまで使用します。

そして右手に見える壁にはLIXILのタイル・セラヴィオシリーズのセラヴィオWを採用してみました。
このタイルを出入り口の出隅部分含めて3面に施工します。こうすることによって、壁紙の石組みの雰囲気を本物の陶磁質タイルと融合させてリアル感を演出できればと。。。そう思っています。

照明は 部屋の中央寄りに4灯のLEDダウン(暖色)と、PCデスク上のラインに2灯を別系統制御でそれぞれ調光機能を持たせてあります。照明やコンセントのパネルはいずれも神保電器のJIMBO NKシリーズを使用します。

web_cen_img_jimbo02.jpg









もともと明るい部屋が苦手で、つねに太陽光が少し漏れる程度の部屋を好むのですが、建具類をホワイトにすることによって、あくまでやりすぎない程度に古代エジプトチックな?w部屋を目指してみました(◎_◎;)
実際仕上がってみてどうなるかはまだ未知数ですがw

ちなみに、建具は全てLIXILのグランドラインラフィスというLIXILの建具では高級なランクのものを使用しました。
リビングからの出入り口の扉とクローゼットには天井高2,400mmまで高さのあるもので、これによってシルエットがスっと伸びてより部屋の印象を大きく見せる効果があるそうです(;´・ω・)ホントかね?w
さらに、ドアは鏡面仕上げのピュアホワイト、その他はすべてプレシャスホワイトとしました。建具の色は海外のお部屋なんかを色々見てると結構な確率で白が多く、その他の色遣いがシックであることから、私の個人的なセンスとも合致しましてこれ一択でしたw
※ちなみに。。。うちは全ての建具が白です(◎_◎;)

最後に床のフローリングですが、こちらもLIXILのハーモニアス12というシリーズから『トレンドグレーオーク』色を選択し、かなりシックでダークな色味にしてあります。書斎なので床自体の主張は不要と考えて色を落としました。
無垢フローリングは今回全く検討対象にせず、傷にある程度強い製品にしました(^_-)-☆

書斎の大きさは7.5帖で、0.5帖は出入り口の凹み部分ですので実際には7帖といった感じです。
左手に見える小さめのドアは気密ドアでして、防音と湿度の侵入をある程度防ぐことができるものです。
ドアを開けるとその向こうがすぐに洗面所とお風呂場になっていますので、気密ドアをチョイスしました('ω')










category: 戸建て

thread: 住まい リフォーム  -  janre: ライフ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード