FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

本格水冷DIYにチャレンジ!(((o(*゚▽゚*)o))) 【1:パーツ選定】 


みなさんこんにちは(^^)/
さて、前回のエントリーでは既存のメインPCのアップグレード計画をお伝えしまして
その後予定通り導入し、2月から運用をしているところです。

パーツ動画はこちら(;・∀・)





この動画には納めていませんが、準?本格水冷版とでもいうべき内容ですでにEKWB400mmラジエターでCPUの水冷化を果たしています。現状簡易水冷のGPUと合わせてALL水冷にはなっているわけです(;´・ω・)

CPUは爆熱と言われるCore i9の9900Kですが、アイドル時23~25℃・負荷時65℃前後と空冷FANのそれより8℃~10℃の低温化が図れましたので、一定の効果は確認できた形です。

ところがヒトの”欲”とはつくづく計り知れないものでして…(;・∀・)
水冷の世界にいったん興味を持ってまった私としてはこうなったら本格水冷を導入しなくてどうする!?となってしまったわけです(;^ω^)

いてもたってもいられなくなる性格ですので、善は急げとばかりに導入計画を立て初めましたw


色々調べると、今回導入した400mmのEKWB製のラジエターがとても特殊なサイズで、もはや使いまわしは不可能とw
せっかく海外から取り寄せたんですが、勉強代としてサブ機へ回すことにしました。

そう!本格水冷はその作例を他人に見せて初めて完成の世界なので!?現在使用しているシルバーストーン製SST-MM01ケースではもはや役不足(正確には特殊過ぎるPCケース)であると!そうなってしまうわけです。ということで、このMM01ケースはのちのサブ機用とし、新たにPCケースの新調をおこなうことにしたのです(^^♪

水冷化で見せる(魅せる?)PCを作るとなると、やはり今どきのLEDを活用したイルミネーションの導入にも同期しないわけにはいきません(;^_^A ということで色々と猛ダッシュで市況を調べてD-RGBやRGBの制御、マザーボードとの兼ね合い、複数メーカーのFANの動向などを調査し今回の本格水冷DIYのパーツを選定し終えました(*^▽^*)


こういった世界は個人の趣味趣向が色濃く出る世界ですので、どこまで参考になるかはわかりませんが、今後私のように水冷の世界に足を踏み入れようと?する方の少しの参考になってくれればとパーツリストを載せておきます。
(クリックすると拡大表示します)


1552007104013.jpg




PCケースだけは輸送中のガラス等の破損事故が怖かったので国内で購入し、そのほかは全て個人輸入品となります。
水冷PCは秋葉原においてもまだまだごく一部の店舗でしか物品を購入できない状況みたいです。これもやはり日本が不景気な証拠ですね(政府はねつ造しごまかし続けていますが…)

本日3/8現在でいくつかのパーツが到着しております。
Phanteks製のCPU WaterBlockやRiservior、EKWB製のPumpやRadiator、フィッティング、RGBLEDファン各種など、そして表には載せてませんがAliExpressからは意匠性に特化したマザーボード用電源ケーブル一式です。



20190308_103739.jpg






最後にPhantexのCPU WaterBlockとリザーバータンクの画像です。
非常に高級感があります。Phanteksはケースも到着していますが、化粧箱などを見る限りブランド力を上げる努力を強化している匂いがプンプンします(;^ω^)


20190308_000904.jpg




あとはGPUのWaterBlockやハードチューブ、クーラント液、UV発光させるためのLEDの到着待ちとなっています。
4月中からGWの大型連休にかけて完成できるように計画中です(^^♪

今回クーラントはAlphacool社からクリスタルグリーンをチョイスしUV発光タイプを選んでみました。
全体でどんな雰囲気を作り出せるか、全く想像もつきませんが本格DIY水冷初チャレンジ頑張ってみたいと思います。
動画でも少し作成シーンを紹介できるように考えてみます。




スポンサーサイト

category: 本格水冷PC

thread: PCパーツ  -  janre: コンピュータ

TB: 0    CM: 0   

ゲーミングPCアップグレードします(^^)/ 


皆さんこんにちは(^^)/
前回の動画エントリーの字幕中でもお伝えしていたのですが、2019年初春にして約4年ぶりのPCアップグレードをおこなうことにしました!

構想はかねてから練っていたのですが、2月に入りその思いが一気に構成リスト作成に結び付きました。

今回のアップグレードパーツは--

①CPU Core i7 6700 ⇒ Core i9 9900K
②GPU 1080Ti   ⇒ 2080Ti
③SSD 960PRO   ⇒ 970EVO Plus
④マザーボード Z170⇒ Z390

といった感じです。その他、CPUのワット数が上がるのを機に、今回はCPUにも簡易水冷を導入することにしました。
実はこの簡易水冷が曲者でして、、、(;^_^A
私の使っているSilverStoneのSST-MM01というケースには180mmのフロントHEPAフィルター装備のファンが2機あるのですが、その横幅180mmx高さ400mmに対応できるラジエターがそもそも国内には一切無い!んです(;・∀・)

そこで色々調べた結果、スロバキア製のEK-CoolStream WE 360 Radiator (Dual)という製品がヒットしました!
このほかにももう一社Magicoolというところからも同様の大きさの製品があるのですが、世界中でほぼ在庫が無く、今回はEK®Water Blocks社のものを導入することにしました。

EK®Water Blocksについてはhttps://www.ekwb.com/about-us/ が詳しいですが、液体冷却メーカーとしては世界的に有名なようです(◎_◎;)


ラジエターの画像はこちらになります。


ek-coolstream-we_360_800.jpg



横幅180mm高さ400mmですので相当な迫力があるはずです(;^_^A
通常の水冷ラジエターでは120mm幅が一般的ですので、これは将来の本格水冷時にも適応できそうですね。

これと既存の180mmファン2機を組み合わせてフロントからの吸気によるエアフローをおこない、ケース後方部から外へ風を抜けさせる構造は今までと同じになります。

さらに、CPUに取り付けるクーラー兼ポンプには、これまたレアな製品ですが簡易タイプに使えるalphacoolの製品を採用します。alphacoolというメーカー自体もやはり水冷PC機材の世界では有名なメーカーのようです。


画像はこちら


alpha.jpg



水冷パーツとしてはこの他にバルブやそれに合うチューブが必要ですが、バルブはラジエターと合わせ買いし、チューブは秋葉原の水冷専門店オリオスペックさんから仕入れました(^^)/

あ、クーラントがまだですが、近いうちに色を決めて発注したいと思います!


ちなみにですが、GPUは今回もEVGAから簡易水冷を装備したFTW3版を購入しています。すでに北米から到着し、開封を待っているところです。
マザーボードは対応CPUが変わるので新規にASROCKからZ390 Phantom Gaming 9をチョイスしました。


それぞれ画像はこちらです
2080ti.jpg





asrockz390.jpg



今回、PCケースについてはもちろん流用します(^^)/
このケースはなかなか変える気が起きませんね!まだまだ何年も使っていけます('ω')


PC組み上げはこの週末を予定していまして、ラジエター類が輸入されて届くまで時間が少しかかるのでそれまでの間、空冷のCPUクーラーで過ごそうと思い、別途購入してあります(SilverStoneのものです)

組み上げシーンは動画で集録する予定なので、近いうちにアップして動画エントリーでお届けさせていただこうと思っています(^^)/


それではまた次回のエントリーで☆

category: PCゲーミング

thread: PCパーツ  -  janre: コンピュータ

TB: 0    CM: 0   

書斎の紹介ビデオ撮ってみました(^^)/ 


みなさん 大変ご無沙汰しております('ω')

自宅が完成してから公私ともに慌ただしい日々が続いておりまして…
すっかりブログの更新をサボっておりました(;・∀・) 申し訳ありません!

きょうは、ついに書斎のPCルーム(と言っても大したものがあるわけではありませんがw)
を簡単ではありますが動画にしてまとめてみましたのでお時間ある方はご覧いただければと☆

新居では映画コンテンツを大スクリーンやDolbyアトモス環境で視聴することをいったん諦め、
ミニマムな環境でPC兼用で運用しています。ただ、タンノイのスピーカーが想像以上に素晴らしくて2.1ch再生とは到底思えない立体感を演出してくれていてこれはこれで満足と言える状況です(;^_^A
おそらく部屋の壁に陶器質のタイルを使用していることが良い方向でリバーブを作り出してくれているようです。

ホール感が素晴らしいです。

これからも少しずつ部屋の中身はアップデートしていきますので、都度お伝えしていければと思ってます。






category: PCゲーミング

thread: ホームシアターとAV機器  -  janre: 映画

TB: 0    CM: 0   

書斎について② ~インターネット・LAN環境~ 


皆さんこんにちは(^^)/

大変お待たせしました!今回のエントリーは私のインターネット・LAN環境についてエントリーします。
お待たせするほどの事ではないんですがw、まぁ綴っていきますね(;^_^A

まずインターネット回線ですが、私はサービス当初からのSoNetのNURO光を利用しています。
Gbpsクラスの速度が出るというのは伊達ではなく、地域差も勿論あるとは思いますが私のエリアではDL時で最大110MB/秒、110メガバイト(ビットではなく)なので大体900Mbpsぐらい出ます。
昨今のPCゲームではDL容量が30GBとか35GBが当然のようにありますが、いずれも数分足らずで完了できます。

現時点では不満はありません('ω') BlueRayコンテンツでも同容量ぐらいなので、これが数分でDL完了できるのはとても快適です(^^♪
月額料金は戸建てプランで5100円ほどになります。またNUROはプロバイダ料金なども不要です。


NURO光でインターネットへ繋がる自宅のほうは、各部屋へLAN配線を敷設してあります。
まずは下の図をご覧ください。

保存版2F間取り図







ONUには無線LAN機能と3ポートのHUBが備わっていますが、このうちまず無線機能は無効にしてあります。
3ポートのうち、1つはメインのゲーミング兼用PCへダイレクトに接続し、2つ目が各部屋への中継のための8ポートスイッチングHUB、もう一つは書斎内で拡張させるための同じ8ポートHUBに接続してあります。

20180818_161652_20181005230245b3b.jpg







書斎内で使用するHUBにはNASサーバー、2.1chのYAMAHAのストリーム・アンプ、そしてASUSの無線LANなどが繋がっています。ASUSの無線LANでは5GHzと2.4GHzの2系統運用で、自宅内のスマートフォン・湯沸かし器・エアコン・洗濯機などと接続されています。いわゆるIoTデバイス群が主に無線LANで繋がっているわけです。

そして各部屋へ引き回す役目のもう一台のHUBはクローゼット内の棚の上に建築時に電源を引き込んで設置してあります。洋室3つ分、それとTV用に1系統、1F向けに2系統出ていまして合計6ポート使用しています。

各部屋への配線の引き回しは、建築中にDIYでおこない、CD管を合計100mぐらい使用しています。






category: PC

thread: 通信・回線・サーバー  -  janre: コンピュータ

TB: 0    CM: 1   

書斎について① 


みなさんこんにちは(^^)/
なかなか時間が取れず、更新が止まってしまってました!

10月は書斎について詳しく紹介させていただこうと思います(;^_^A
今日のエントリーは写真一枚だけという手抜きですw

書斎にあるモノ・設備(前回予告した屋内LAN環境のお話)などについて何回かに分けてシリーズでお伝えします。

近いうちの更新をお待ちください(;・∀・)


20180929_134027_copyright_s.jpg





category: PCゲーミング

thread: PCゲーム  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。