iBassoがESS社のDACチップES9028Proを使用した何らかの製品を開発中! 


みなさんこんばんは(^_-)-☆
ここ最近はめっきり暑くなってきましたね!連日夏日も珍しくなく、このまま一気に夏を迎えたいところですが…w

さて、つい先日私は中国iBasso Audioの中の人としてHead-Fiでもお馴染みのPaul氏とeメールにて何通かやり取りをさせていただきまして、その中で私自身最も興味のあること、それはつまり今後のiBassoの新製品の展開について聞いてみました。

とても重要な英文がこちら…


We may have a 9028 coming out. Details are still being worked out.



これはDX200でおなじみの超高音質DACであるES9028Proを使用した何らかの製品を披露できる可能性があることを示唆しています。詳細についてもまだ当然伏せられていますが、DX200を出した後の製品になりますからやはりことは我々としてはiBassoのお家芸であるポータブルヘッドフォンアンプを期待したいところですよね( *´艸`)

ES9028Proを使用するということは、リリース後もう4年近く経過するD42さらには昨年発売されたD14の後継モデルなども考えられる。もしくは薄型でAndroidスマートフォンなどとのコンビを想定したD-ZeroMk2などの後継機種も手中に入るかもしれない。

ES9028ProをSingleもしくはDualで搭載となると、それなりのフラッグシップ的な位置づけとなるから、はやりD14の後継モデルもしくは設計年度が古くなったD42の後継モデルが可能性としては高いと思われる。

201601012143061155.jpg
※画像はiBasso D14 BushMaster


もちろん、完全な個人的予想なのでポータブルアンプのジャンルではないのかもしれないが、目下製品入れ替えとしてはタイミングの良い時期に差し掛かっているアンプ製品の可能性は高いだろう。

ES9028Proの音質はすでに十二分にDX200によって証明済みであるから、黙っていても今後の同DACチップ搭載モデルには期待がかかるというもの。

希望的スペックとしては--

・ES9028Pro Dual
・OPAMP 交換可能(D42ですでに実現)
・光・同軸・USB入力あり
・Balance出力あり

などを挙げたい。そうすることによって、プレーヤーとしての選択肢が広がり、小型のDAPを選んでより省スペースな運用、かつアンプ独立による音質向上のメリットを享受できる環境が構築できるのだ。

現状、DX200+PB3にて運用することが多いが、やはり少し大きくなってしまうのが難点。
これを克服するために、ES9028Proの超高音質DACをひっさげた新生ポータブルヘッドフォンアンプに大いに期待して待ちたい。












category: PHA

TB: 0    CM: 0   

64Audio 制作現場見学(*^^*) 



みなさんこんにちは(*^^*)

さて、64Audio訪問からはやくも2週間近く経とうとしていますが、ようやく写真やらの整理を終えましたのでエントリーしようと思います☆

ちなみに、64AudioのバンクーバーのLabへ日本人が訪れたのは日本の代理店関係者も含めてこれまでになく、私が初だそうですw
64Audioはオレゴン州とワシントン州のちょうど境目にありまして、オレゴン州側のポートランド郊外やPDXポートランド空港からもクルマですぐに位置しています。当日もPDXについてすぐに手配してあったレンタカーを借りまして、自分で運転してLabへ突撃しましたw



DSC_0015.jpg







DSC_0014.jpg


フリーウェイ経由でおよそ15分ぐらいで64Audioに到着します。当日はポートランドにはつきものの雨に降られまして、時々かなりの量の雨が降ったりやんだり、午後には晴れ間も出たりと、イギリスのような移り変わりの激しい1日のお天気でした。

ポートランドや、このバンクーバーは緑が大変綺麗で、ドライブ中も惚れ惚れする美しさです。こんな環境で作られる64Audioのイヤフォンですから、それはそれは綺麗な音になるのも頷けます!?w

今回スタッフのIsabelさんが日本でのやり取りから製造現場見学のツアーまで段取りをしてくれていまして、すぐにIsabelさんとHead-Fiの64AudioスレッドでもおなじみのKris氏が出迎えてくれました。この日、オーナーのVitaliy氏は奥様のお腹にいる二人目のお子さんの性別が判別する日だったらしく、のちほど遅れて顔を出す事になります。

さっそく、カスタムIEMの製造現場のツアーがスタートです\(^o^)/



見てください!この見事な3D CADによるインプレッションの取り込みグラフィックを。


DSC_0997.jpg


64Audioのシェルのフィット感はかなり優秀なことでも知られていますが、なるほど納得の工程なわけですね。
このソフトウェア、ちょっと調べたら歯科医院や歯科技工士で使用するソフトの大手でして…なるほどの医療レベルでの精密度を誇るわけですね!隣りにある3Dスキャナーも同メーカーのものですね☆






続いての工程がこちらで、不要なインプレッション部をどのようにカッティングするか判断するそうです。
熟練のプロ(映画に出てくるようなハッカーみたいな人w)がやっておりますが、とてもクレバーそうな人たちの集まる暗室で行われています。この最初のモデリング部分が非常に重要なんだとKrisも言っていました。

DSC_1006.jpg






3D CAD上で精密にモデリングが終了すると、今度は超高額な機械で実際にシェルを製造していきます!
これがその写真です。特殊な3Dプリンターだそうで、これが2台稼働していました。

DSC_1009.jpg






このラインはモデルごとのBAドライバを製造していくところになります。日本で有名なHAKKOのハンダゴテや周辺機器が見えますねー!私もDIYリケーブルでHAKKOのハンダゴテを愛用していますが、やはり使いやすいんでしょうね(*^^*)
もちろんここに並んでいる機器はどれもプロ機なのでとても高価なものばかりですw

※画面右に立っている方がKris氏です☆

DSC_1012.jpg






ここはシェルにフタをする、つまりフェイスプレートを製造して実際にパッケージするラインですね!
女性が担当しています。こういう作業って、女性の方が向いているんですよね!これは世界共通か!?ww
あの美しいシェルがまさにこの場所で作られていたわけですね!感動しましたww
オーナーになられる方々が思い思いで考えたファイスプレートが並んでいますね~♪

DSC_1017.jpg






こちらは64Audioの現在のフラッグシップモデルTiaFourteのダイナミックドライバーを組み込むラインです!
赤みがかったDDドライバがご覧いただけますでしょうか!?
このラインの担当はオーナーのVitaliy氏の弟であるAlex氏が担当しています。まだとても若く見えました!
写真のスポットライトのちょっと奥にTiaのフェイスプレートが見えるのわかりますか!?(*^^*)

DSC_1020.jpg





64Audioの製造ラインには常時50名前後のスタッフがひしめき合っていて、この1Fのフロア以外にも実は地下フロアに研究開発のための部屋もあるんですね。(ここは済みません、撮影許可は降りなかったです(゜o゜;ゴクリw)

現場はとても清潔感に溢れ、世界中で評判の64Audioサウンドができるのも本当に頷けます。
少なくない特許を保有し、今後TiaFourteのカスタム版に期待もかかる中、現状最高峰のBA型カスタムモデルA18tzarを筆頭に今後も絶対に目が離せないメーカーだと言えます。




今回、私のような一個人の何でもないユーザーに製造現場の見学をさせてくれる心の広いVitaliy氏に改めて感謝をさせていただきます。また、ラボ内をすべて詳しい解説とともに案内してくれたKris氏にも厚く御礼をさせていただきます。ありがとうございました。

またいつか、このラボに訪問して、今度はラボ内に完備の社員食堂・兼休憩スペースでゆっくりとお茶を飲みたいなと思いましたw(ズーズーシイw


DSC_fdeew.jpg








追伸:ラボ見学の後、遅めの昼飯をポートランド市内へ移動して食べました。
   その時のハンバーガーが絶品でしたので画像だけでも載せておきますw

DSC_0019.jpg







category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

64Audio Labツアーと北米プチドライブ(^^) 


みなさんこんにちはヽ(=´▽`=)ノ
久しぶりのブログ更新となってしまいましたがw

Twitterなどでかねてから告知しておりました64Audio Labへの訪問・製造現場ツアーいってまいりました!
現場ツアーはCIEMが毎日数本以上製造されるそれはそれはハイテク機器満載のLabでございまして、たくさんの写真におさめてきてありますので、こちらにつきましてはまた後日改めてブログにてエントリーさせていただきます(^^)

現場を案内してくれたHead-Fiでもおなじみのクリス氏、そして今回のツアーを快く受け入れてくれたCEOビタリー氏とIsabel氏に改めて御礼を!そして現場におられたすべてのチームの方々に感謝致します。

今日のエントリーは、米国オレゴン州ポートランドにあるPDX空港からコロンビア川を渡ってすぐのところにあるワシントン州バンクーバー所在64Audio Labまでの道程動画と、北米滞在中のシーンをひとまとめにした動画の2本を貼り付けておきますw

64Audioラボの写真(実は全シーンの動画も)などは、ビタリー氏に掲載チェックの許諾を得てからとしておきたいので、(ご本人はすでに良いとおっしゃっているが念のため…)上記しましたように後日改めてお伝えしたいと思います。(*^^*)















ツアーの前にビタリー氏に色々とインタビュー形式で1問1答したんですが、その中でTiaFourteのカスタム版皆さん待望ですよね~?私も同じなんで実現できないか聞いてみました。
内緒ですが、今研究開発に取り組んでいると!回答を得ましたよ。必ず実現させたいと言うことなんで、今年の64Audioの動向にも目が離せませんね!!(*^^*)




category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

国内未発売 iBasso PB3(Portable Balanced AMP)を買ってみた! 


みなさんこんにちは(^^)
今日のエントリーはiBassoの中国本家サイトを何気なく閲覧していて発見したPB3という非常に珍しいポータブルヘッドフォンアンプを購入したことをお伝えしていこうと思います♪


私自身がポータブルヘッドフォンアンプを購入するのは、かれこれ4年前に遡ります。
その時のエントリーがこちら…

iBasso D12Hj を買ってみた!ついでに iriver AK100(silver)も!
http://xperiarx.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

DSC_3687s.jpg


この時からiBassoAudioというメーカーに惚れ込んでいたのは事実で、当時を思い出すと製品としては非常にまだまだ手作り感のあるレトロなプロダクトであったことを覚えています。
もちろん、当時からそのコストパフォーマンスの良い音質についてはポータブル界隈で好評を得ていて、特にマニアな方々によりオペアンプの交換などの改造がおこなわれていたことも記憶に新しいです。

そして、今回購入することになったポータブルヘッドフォンアンプもiBassoの製品にたまたまですが、なりましたw
正直、昨今の出力の十分に高いDAPを目にすると、もう今後ヘッドフォンアンプの出番は無いんじゃないか?とまで思っていたんですが、一応今後ESS社リリースのDACを内蔵したポタアンであれば、購入してみようかと漠然と考える程度でした。

ところが今回急遽購入することになった機種はアナログアンプなんですね~(;´∀`)
個人的なポリシー(アナログケーブルで音を中継することは音質を求める道に相反する)もあって、アナログ出しからのポータブルアンプは敬遠していたんですが、いくつかのこのPB3という製品の特徴を読んでクリックせずにはいられませんでした(笑)


DSC_0645.jpg




iBasso PB3の特徴についていくつか書いてみます。

・2倍の出力を得るBlancedアンプ
・BTL機構による特許取得のバランス回路
・470μFが1,000個分!!のスーパーキャパシタを搭載しポータブル機では桁外れの素早い音質レスポンスとダイナミック性を実現
・特殊アルミニウム加工を通じた薄い筐体デザイン
・2.5mmバランス出力を搭載
・AlpsAudio製のポテンショメーター搭載(ボリュームの部分かな?ちょっと理解できてませんm(__)m)
2500mAhの塩化物イオンバッテリー?を搭載し、20時間ロングライフを実現(なんだこれ??w)

 ⇒普通にリチウムイオンでしたw

とまぁ、主なものを列記するとこんな特徴です。
これが実売で$199で、日本からはPenonAudio(香港)で購入・輸入できます。

DSC_0682s.jpg


外観も非常に薄くて、DX200のそれよりも1/3程度の容積です。しかも軽量です。
4年前に購入したD12と比較しても、大体1/3ぐらいの大きさと言えます。これなら、実運用で苦痛になることもそれほどではなく、デイリーユースで使ってみたくなりますよね(^o^)
おまけに、音質についても上記の特徴を見る限りなんだか凄そうな?w予感をさせます(*^^*)

筐体のカラーリングも、まさにDX200のそれと同一コンセプトで作られたかのようなデザインで高級感すらあり、製品に付属してくるiBasso特製ラバーバンド2本で留めた時に一体感が創出されます。

DSC_0678s.jpg



DSC_0690s.jpg



肝心の音質ですが、Master&Dynamic MH40バランスエディションで聴くとアナログシングルエンド(3.5mmLineOut)出しから作られた音とは到底思えないクリアでSN感の非常に高い大きな音場形成の中に、これ以上が合ったのか!?!とまで感じさせる音のズバ抜けた定位感・立体感が迫ってきます。
そしてボーカルのリアリティは輪をかけて脅威で、iBassoの表現するHeadroom感がまさにMAXです(笑)

iBassoが保有するという特許のバランス回路は、一般的なバランス回路が2次高周波をoffsetすることによりサウンドが淡白になりボーカルラインも遠のいてしまうという欠点を克服・解決しているそうです。
そしてまさに、なるほど納得のサウンドがそこには広がりました。こんな薄いアンプからとてもパワフルで歪のないスピードの伴ったスケール感最大の音を実現できるのも、スーパーキャパシタ搭載による恩恵が大きいのは想像に難くないです。イメージはもはや据え置きのヘッドフォンアンプで聴いているのと何ら聴感上違和感がないレベルです!

DX200はDAP単体に据え置きで使用されるESSの最高峰DACを2つも搭載したコストパフォーマンスの非常に高いDAPとして注目株ですが、このDX200の$1000弱とPB3の$200との組み合わせは、現状たのポータブル環境をコスト面でも音質面でも相当のハイレベルで驚愕させる組み合わせには間違いないと思われます
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

DSC_0701s.jpg



iBassoという中国のメーカーは内部体制も含めてあまり良く世間で知られていない存在だと聞いています。
しかし、そのiBassoの作り出すサウンドはDX80やDX90なども含め殆どが高音質なことで定評があるのもまた事実であり、バランス回路の特許保有やESS社のフラッグシップDACをいち早くポータブル機へ投入できる設計・企画の速さなど、今後もiBassoの作り出す製品やそのサウンドに注目し続けていきたいと思っています。





category: PHA

TB: 0    CM: 0   

64Audio A18tzar サウンドレビュー 


みなさんこんにちは(*^^*)
64audioのA18を受け取ってから、早くも2週間が経とうかとしています!
月日が経つのは本当に早い!w

今回のエントリーは動画ではないのですが、とりあえずのA18のサウンドインプレッションを簡単に記しておこうと思います。

これまで使用していたCIEMがA12であったので、そこからの比較ということになります。
まず、春のポタフェスでA18の試聴機を聴いたときの印象と製品版とでは全く別物であるということをお伝えしなければなりません。もちろんそれは標準のケーブルから変えてあることも大きな一つの要因ではあるのですが、それだけでは決して無い構造上の理由も存在します。

今回は音楽の低音域、中音域(ボーカル)、高音域の3つの観点でインプレッションを書きます。



低音域:A12の時は必要十二分な低音域の力強さがあり、人によってはこれを強めと取る向きもあったのですが、今回のA18tzarではこの低音域の強さ自体はA12を100とすると95ぐらいのイメージでしょうか。
つまりそんなに大きく印象を変えていません。個人的にはA12の低音域は必要十分で適切な量だと思っていたので、今回も全く違和感の無いものに仕上がっています。パンチ力・ボリュームはほぼ同等ですが、一つ圧倒的に変わっているのは低音域のヌケの良さが加わっていることです。これが聴感上では低音域の量が少し下がっている印象につながっているのかもしれません。



中音域:A12のときに比べてより鮮度の高い濃い情報をもらうことができます。それは今回採用されているTiaドライバーによる影響が大きいのでしょう。とにかく見通しの良いクリアで艶があり生々しい中音域、そしてそこから生み出される豊かな倍音成分がほぼ全て出し切られているかのような印象です。スピーカーの音にとても近いです。
その影響で今回のA18tzarの最大の特徴としてお伝えしたいボーカルのリアルさと近さを挙げます。
物凄いリアルボイスで迫ってきます。舌の巻き方、息継ぎ、ツバが飛ぶ瞬間のような描写力、とにかく歌い手のリアルな表情すら伝えようとしてくるこのリアルサウンドにとにかく脱帽です。



高音域:今回のTiaドライバによる特徴的な事柄として、高音域の歪を解消することが挙げられますが、その恩恵は即座にサウンドに現れます。曲のサビやフォルテッシモなど、ダイナミックレンジ最大値で鳴らしているまさにその時に、イヤフォンでは圧倒的に不利なハウジング・音導管内での音の共鳴による高音域の濁りなどがほぼ解消されているのです。それによってとてもヌケの良い突き抜けるような高音域と音場のより一層の拡大に成功しているといえます。

これは誤解を恐れずに言えば、其のへんに転がっているヘッドフォンではすでに太刀打ち出来ないほどの音場と言えます。私が最近購入したMaster&Dynamicのバランス化MH40の音場を100とするならば、A18tzarの音場は90%ぐらいといえます。もちろんA12のそれよりも遥かに拡大していることに、音楽が鳴り出した瞬間に感じることと思います。

これが実は音楽をよりエキサイティングにエクスペリエンスさせる大きな要因につながっています。


総じてA12の数段上のクォリティで鳴らし切るA18tzarの実力は、もうこれ以上解説するのも馬鹿らしいぐらいに素晴らしいものです。耳型のインプレッションから製品を製造してでしか得られない、この$2,998の怪物級のA18tzarは早くも今世紀の最高傑作であったとポータブルサウンド界の歴史に刻まれることでしょう。

今後、何を進化さればよいのか全く見当もつかない…そんな感じを受けるぐらい欠点が見つかりません。
もちろん、ヘッドフォンのスケール感には1歩譲りますが、おそらく殆どの人はこのA18tzarの音場を通じてのスケール感に驚愕するはずです。

多数のBA型ドライバの搭載の目的はスピーカシステムで言うところのコーンの大きさを大きくして音を鳴らすステージをより大きくできることと類似します。左右合計36BAドライバがもたらすステージ感はもはやBA型を完全に忘れさせ、豪華なダイナミックドライバによるヘッドフォンサウンドに類似しているものと言えます。


非常に高価なCIEMですが、その値段に裏打ちされた確かな技術力とそれを証明するサウンド体験に嘘偽りはありませんでした。現時点における真の最高峰CIEMサウンドと言いえると思います。

ちなみに不得意なジャンルはほぼ無いといえます。一つだけ、オーケーストラでさえも堂々と鳴らしますが、その際のみ独特の轟く低音域の表現では、以前試聴したTiaFourteに一歩譲りましたので、そちらに軍配は上がるのではないかと思います。







category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード