Galaxy S8グローバル版とOculus GearVRをゲット!o(*゚▽゚*)o 


みなさんこんにちは( *´艸`)

XperiaZ5を使ってきて1年が経過し、買い替えサイクル突入ということで新端末を模索していたのですが、今回は自身初のSamsungのGalaxy S8にしてみました!

Android初代のdocomoHT-03A以降はずっとXperiaでしたが、

20140710.jpg

今回はBlackBerryに続き2度目のブランド変更となりますかね!

前評判から今回のGalaxyS8はとてつもない端末であることがささやかれておりましたが、実際に手にしてみていやはやSamsungもここまで完成度の高い端末をリリースできていることに衝撃を受けましたね。

日本国内ではでここ最近は不人気のようですが、世界的には(昨今のバッテリー問題はあるけど)iphoneと抜きつ抜かれつの2強対決を日々繰り広げているだけのことはありますね。

といっても、今の自民政権になる前まではGalaxyはかなり売れていたと記憶しているんですが…w
日本って政治的なアレでマーケット左右される傾向が強いですね(-_-;)
個人的には良いものは良い、悪いところは改善しよう、でいいと思っているので今回のS8は純粋に大いに興味が出ていたことろでした(^^♪

DSC_0138s.jpg


この端末の目玉はまずは何といってもこの綺麗な有機ELディスプレイですね。液晶には無い、応答が速く発色性能も極めて高いのが特徴です。HDRもとてもよく、黒の沈み込みとのコントラストが素晴らしいですね。

カメラ性能もとても優れていることに驚きました。
難しい操作を一切必要としないで、暗がりの中でのデジカメ顔負けのノイズレスな画像が手軽に瞬時に撮影できてしまうことに驚きを隠せません。

エッジ部の湾曲したディスプレイと相まって、手に持った時の手触りがとても気持ちよいです。ディスプレイは強化ガラスのゴリラガラス5が使用されていて、これは背面のパネルにも共通で使用されています。

普段は横開きの手帳型本革ケースにしまっていますが、まったく傷がつかず本当にこのゴリラガラスの強靭さにも驚きましたね。

CPUやGPUの性能も極めて高く、某ベンチマークテストではAndroid機で最速の17万点オーバーを記録しています。
確かに日常使用時ではストレスフリーでサクサクぬるぬるの快適動作です。さらにこの端末は発熱がほとんど起きません。そこにも非常に感心しました、バッテリーのもちもとてもよくスタミナがあるのが実感できます。

ほぼ良いことずくめなんですが、1つだけ欠点があるとすればそれはスピーカーがモノラルであるということぐらいでしょうか(;^_^A ここは今回のこのスリムベゼルレスなデザインのために妥協せざるを得なかったんだと思います。

気軽にステレオサウンドでYoutubeを再生できないことぐらいでしょうかね、影響を受けるとすれば。
そこまで実際使用していて気になることではなかったので、ほかのことを優先したのはベターな選択だと思いました。


ちなみにこの5.8インチ18.5:9(解像度2960*1440)の3k有機ELディスプレイですが、なんと次期iPhone8に採用されることが決まっていますね。製造はこのサムスンとLG電子の2社でおこない供給するそうです。

つまり今使っているエッジ湾曲の美麗なディスプレイが次のフラッグシップiPhoneに搭載されると思うと、なんだか不思議な気持ちになりますね(;^_^A

S8も(もちろん次期iPhone8も)今回から完全にフロント側の物理ホームボタンは無くなりました。ですので、ディスプレイを消灯すると

IMG_0428.jpg

こんな感じで真っ黒でシックなシルエットになります。カッコいいですよね♪


ということで、今回のGalaxy S8は大満足なスマホになってしまいました。次期Galaxy S9が非常に気になってきますが、そのときはまたXperiaにも期待して楽しみに待ちたいと思います!(^^)!


次のエントリーはGalaxy S8と組み合わせて最新のVRデバイスが完成してしまう、『Oculus Gear VR』について書いてみたいと思います!!

category: スマートフォン

TB: 0    CM: 0   

速報:アマゾン Fire Phone 発表。4.7型HD液晶、顔追跡UI、実世界認識機能Firefly搭載 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00028901-engadget-sci
Amazon-Fire-Phone-Render.jpg

進行中の新製品発表イベントより。米Amazon.comが独自のスマートフォン Fire Phoneを発表しました。

Fire Phoneは片手操作に最適化した4.7インチHD画面、4コア2.2GHz プロセッサ、2GB RAM、32GBまたは64GBストレージなどを備えたスマートフォン。

・ユーザーの視線方向を認識して、立体感を与えるダイナミックパースペクティブUI
・カメラやマイクで実世界のあらゆる商品や看板、音楽、テレビの音声などを認識して、アマゾンの「1億点以上」のデータベースから関連情報を表示する Firefly機能
・背面の13MP / F2.0レンズ / 光学手ブレ補正によるカメラ機能
・24時間365日、すぐにサポートにつながる Maydayアイコンをいつでもアクセスできるクイックパネルに用意。

などが特徴の製品です。

アマゾンのPrime Instant Videoや映像コンテンツ、Amazon Musicとの親和性も強調されており、たとえば撮影した写真は Amazon Cloud Driveに容量無制限で保存できます。期間限定オファーとして、12か月分のAmazon Prime会員権つき。

(米国のPrimeは送料関係だけでなく、かなり豊富な無料ビデオライブラリや、音楽サービス Prime Music などが含まれています)

ほか9バンドLTE、5バンド3G UMTS、802.11ac対応WiFi (MIMO、チャンネルボンディング対応)、NFC、Bluetoothなど。





特徴的なダイナミックパースペクティブ機能。



ゲームでの例。このような画面を......



少し横から覗くとこのように奥が見える。



前面の四隅に画角120度の顔認識用カメラを備え、縦持ちでも横持ちでも、赤外線ライトで暗所でも正確に顔と目の位置をリアルタイム追跡する。



ベゾス会心のドヤ顔もトラッキング。





メガネやサングラス(おでこにかけるやつも含む)、薄い眉やヒゲ、髪型、影や帽子など、顔認識の障害は膨大な学習と洗練されたアルゴリズムで解決。




リアルタイムの顔トラッキング(顔と目の位置、方向、距離)ができる Dynamic Perspective SDKも開発者に本日より提供。システムレベルの機能として、アプリに導入できる。





米国ではAT&T独占。出荷は7月25日。


32GBモデルで2年契約199ドル。64GB 299ドル。
12か月分のAmazon Prime会員権つき。

AT&Tの Next プログラム(月額料金で支払うかわりに、2年縛りなしで頻繁に端末を乗り換えられるプラン)の場合は32GBモデル月27ドル。

AT&Tとの契約なしで購入する場合、アマゾンから32GB 649ドルまたは64GB 749ドルで購入可能。

category: スマートフォン

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード