スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

64audioA12(Gold)とWM1Z(Gold)の共演(;´・ω・) 


皆さんこんにちは!!(^o^)
明日からの外出時WM1Z運用対策はバッチリでしょうか!?

きょうはせっかくの”高級うぉーくまん”なんでw 写真を撮ってみましたよ!
A12が鳴らす壮大なサウンドスケールは圧巻です!!(゚∀゚)
ケーブルはBeatAudioのSignalアンバランスに換装してあります♪

DSC_4269_fhd.jpg


スポンサーサイト

category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

見込みで購入していたモレスキンのハードシェルケースにWM1Zが入った!(;^ω^) 


皆さんこんばんは!!(/・ω・)/
WM1Zの音は聴けば聴くほどスゲーなwww
ポータブルじゃないよこの音は━━━━(゚∀゚)━━━━!!

で、例のモレスキンの件ですね!
動画でどうぞご覧くださいませ♪(ドヤッww)




category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

【開封動画】ソニー 新型ウォークマン WM1Z 開封動画だぁー(゚∀゚)━━━━!! 


皆さんこんにちは!(≧▽≦)
WM1Zの音!!いかがですか!!??

詳しいインプレッションは後日またお届けしますが、一言でいうとWM1Zの音は

『ライブ感がスゴイ!!!』
『音が生きている感じ!!』


に尽きると思っています!

物凄い生々しいリアルサウンドですね!これがポータブルの455gの単体の世界で繰り広げられるとは驚きです!
本日のエントリーは開封動画です!お時間ある方はどうぞご覧くださいませ♪(*^▽^*)




本日は夜間にもう一本! 例のモレスキン製のハードタイプケースについての動画もお届けする予定です!w
これがまた凄いんだww (;・∀・) ではまた!





category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

新生Walkman NW-WM1Zが到着!!まずはアプデ!!w 


皆さんこんばんは!!(≧▽≦)
いやー今日というめでたい新生ウォークマン発売日ですから、みなさんも仕事休まれてまで全裸待機していた方々も多かったみたいですね!
当方のブログ左欄のツイッターでもその様子がヒシヒシと伝わってきています!!

さて、もちろん我がWM1Zも夕刻に無事到着いたしまして!
今さっき開封を終え、取り急ぎの300曲余りの転送を済ませました!
サウンドのほうはまだちゃんと聴いておりませんwww

それよりも前にですね、まずは昨夜リンク情報が出回ったWM1Z/A共通Firmwareの適用からやってみました(^o^)

WM1ZとWindows10などをUSBケーブルで接続し、アプデファイルをクリックするだけのお手軽作業です。

DSC_0028 (1)


時間にしてPCの性能などもありますが、大体2~3分以内に終わるはずです。
アプデ中にバージョンアップ内容などの記載はなかったんですが、今後SONY公式サイト上で説明付きの案内が出ると思います。




DSC_0031_20161027192411417.jpg




無事にアップデートが終わり、再起動されるとシステムのバージョン情報はご覧の通りVer.1.01になります。
メジャーアップデートではないのでUIなどを軽くする内容などではなく、なにか極些細な内容なのかな?と思っています。


現在、実は別便で注文していたリモコンの到着を待っている状況でしてww
音楽を聴きこむにも外音が聴こえなくなってしまうのでリスニングに移れないというwww

早く来てくれゆうパックww(;^_^A

皆さんも今夜は思う存分聴きこんでくださいね!!!(((o(*゚▽゚*)o)))


尚、開封動画やサウンドインプレッションなどのYoutube動画は近日中にアップする予定です。
お時間ある方は是非ご覧になってくださいw



category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

【速報】早くもWM1Z/A向けのファームウェアVer1.01がサーバーに… 

まだ掲載情報そのもののページは無く、
ファームウェアへのダイレクト直リンです。
もし適用される方は慎重な判断と自己責任でお願いしますねw
UIのレスポンスなどがさらに改善されていると思われます。

http://walkman.update.sony.net/fw/pc/WM1/NW-WM1_V1_01.exe

category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

いよいよ明日!!!!(((o(*゚▽゚*)o))) ウォークマンWM1Z発売!!! 


みなさんこんにちは!!!(((o(*゚▽゚*)o)))
そこのPCやスマホでこのエントリーをご覧になっている皆さん!!
もはや仕事なんてしてる場合じゃないですよ!!!ww

きょうは26日!いよいよソニーストア(店舗・通販)組、それからヨドバシ系などではなんと明日27日から発売開始なんですね!!当初SONY公式的には29日発売なんですがー、マーケティングの都合もあるんでしょうw 二日ほど繰り上がりまして明日27日からほとんどの店舗で購入できるようです。

私が予約してあるヨドバシAkibaからも先ほど電話連絡が入りまして!明日から取り置くと、そういうことでした!!
店舗には当然今時点で在庫の山になっているはずでww このあと1日のジレンマがもどかしい&楽しみという感じですね!!

今夜はそういった中でいわゆる前夜祭にあたるわけですね!

ということで、久しぶりに私が現在も所有しております『歴代メモリーウォークマン』を引っ張り出してきましたのできょうはその懐かしい歴史とともに少し紹介をしてみたいと思います!!(^O^)





まずはドーーーーンッ!!!

DSC_4229.jpg


はい(;^_^A たった三機種ですがwww
個人的にウォークマンシリーズの節目と感じた時にどれも購入してきた製品たちです。

左端のNW-E5、これは何を隠そう今の時代まで続いてきた半導体記憶装置内蔵型つまりメモリーウォークマンの初号機になります。しかもその初号機の限定生産モデル!!メモリー容量はなんと!!!


DSC_4237.jpg



96MBです! 96GBじゃないですよ!!!つまり大体0.1GB程度しかないんですwww
これでも当時は大容量なほうでした!(通常モデルは64MB)

ちょうど西暦2千年問題が落ち着いて翌年を迎える直前に発売されましたね~
上の画像の実機、もちろんまだ稼働しますよ!!単4電池で動きますからね♪
ちょうどインジケーター部に132と表示されてますよね!これ、この機種での最も低圧縮率なレートで132kbpsの意味です。今のMP3は320kbpsなどですから3分の1程度ですね。
ただ音質的にはなかなか優れていて、ATRAC3という当時のSONY独自の音楽データ圧縮技術(MP3みたいなもんのガラパゴス)で曲を転送してました。

本体はちょうどライター程度の大きさでスティックタイプです。
これでメモリー容量大きくした製品今でも出したら売れそうww
しかしこれ、なかなか良い音出すんですよ~(≧▽≦)


続いては、NW-X1050です。こちらは当時かなりヒットした製品だと記憶しています。
OSは独自ですがネットワーク機能もあり、Youtubeコンテンツなんかも見れるようになってます。
それと動画やネットも。

メモリーはこのモデルは16GBあります。大分増えてきましたよね!
音質も相当良くて、この後のモデルからAndroid採用などで筐体サイズが肥大化していってしまいましたねw

そしてそして三つめが現在もほぼ毎日愛用しているNW-ZX1ですね!!
コイツともいよいよ明日までかと思うと、、、なにか感慨深いものがりますね(;´・ω・)
そして明日からはいよいよ待望の新モデルNW-WM1Zがやってきますね!
新たなウォークマン史に輝き残る記念的黄金モデルとなるでしょうね。
ウォークマン史上最高音質にして最高価格(笑) そして至高の黄金色♪

今夜は遠足前の子供みたいに心臓が高鳴って寝付けないかもです(;^_^A
皆さんも同じ気持ちと思いますね!

ぜひ明日はその手にWM1をゲットして音楽を楽しんでください!
※特に1Zのヒトは落とさないでねwww




category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

『秋のヘッドフォン祭 2016』へ行ってきた! 


みなさんこんにちは!(*^▽^*)
きょうは昨日のエントリーでもお伝えしていた通り、中野サンプラザで開催されている『秋のヘッドフォン祭 2016』へ行ってきました!クルマで自宅から首都高を飛ばしまして、大体50分ぐらいで着きました!(^o^)
普段、平日は電車通勤なので休日ぐらいはコスト度外視でやはりクルマで出かけたくなります☆
中野サンプラザは地下に駐車場も完備なので楽ちんですね♪

DSC_0026 (1)




サンプラザ内の複数階のフロアでショップ展開がされてまして、国内外の様々なメーカが出店しており試聴や即売などをおこなっていました。私もかれこれこのイベントに顔を出すのは3年ぶりになります!!(;^_^A

一通り見て回りましたが、ちょっと注目に値する音質を聴かせてくれたメーカをお伝えしようと思います。
上の画像にも載っていますがFenderというギターブランドで有名なところから発売され始めたユニバーサルIEMです。中でもそのモデル群のフラッグシップであるFXA7がなかなか素晴らしい音を出していましたね!!
中域ボーカルが気持ち抑えてある感じのチューニングで、低音域は十分な力、高音域は比較的伸びやかに鳴ります。
ダイナミックx1、BAx2という構成だそうですが、ハウジングも綺麗だしFXモデル独自のBass Tuned Portが低音域の迫力と高音域の煌びやかを歪感を少なく聴かせる仕組みだそうです。まるで64audioのapexポートに似ていますよねーw
もっとも、このポート機構があったモデルなので試聴してみようと思ったわけなんですけどね!

cats5.jpg




やはり、これからのIEMの向かう方向はこういった64audioやFenderに代表されるポート機構が重要なイヤホンサウンド作りの要になってきているような気がしましたね!(^O^)

ポートのあるイヤホンは、おそらくどんなモデルでも一定のサウンドの質を与えるような気がします。
それはやはり迫力と解放感、音場感などに影響を強く与えているのでしょう。今回個人的にそれを強く感じました。

もちろん64audioのA12にはさすがに敵わない音質ではありましたが(;^_^A
6万円レベルでここまで聴かせるユニバーサルなんて今までなかったと思いましたね!
結構お勧めですよ!(*^▽^*)


さてさて、お次に向かったのはソニーマーケティングの試聴ブースコーナーです!
ここでは今週末に発売される予定のウォークマンWM1ZやヘッドフォンZ1Rを試聴できるということでした。が、私はもう試聴は必要なかったので入り口近くに置いてあったWM1Z/Aの製造過程モックを見てきました。

DSC_0021.jpg

※手前に見える輝く塊がWM1Zの成型前の無酸素銅の塊です(なんとその重さ実に1.8kg!!(;'∀'))
マジで重いです!!!w


そしてなんと現場には今回のWM1Zの音質設計担当のSONY V&S佐藤(浩)さんもいらっしゃいまして(;・∀・)
立ち話ではありましたが10分ほど雑談させていただいちゃいました(/・ω・)/ラッキー♪


以下雑談内容の要約です---

やはり、最初に値段の30万円については正直申し訳ないとwwww 言っておられましたよ(;^ω^)
ただやりたいことをやれた、そしてそれを上もオーケーしてくれたってことが開発サイドとしては嬉しかったとおっしゃってましたー。それと30万に設定するからには音質も相当プレッシャーかかって調整していったみたいでw

値段から入るオーディオファイル達もいるという話をしたんですが、まさに今回はそこへも一石投じたかったようです。SONYの作る30万のウォークマンの音というものの本質はそこを十分に意識した作りなんでしょうね。

DSC_0025.jpg





まさか今日のヘッドフォン祭でWM1Zの開発者に会えるなんて思ってなかったのでビックリしましたが、ますます今週末の入手が楽しみになってきましたよー!(((o(*゚▽゚*)o)))



category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

NW-WM1Z/Aのオンラインマニュアルが公開されています(^^)/ 


2016/10/22 11:15 追記

日本語でのオンラインマニュアル・ヘルプもありました!
ただし、、、やはり日本語版WM1Z/Aには言語設定の項目はありませんでした(-_-;) 残念!!!
http://www.sony.jp/support/walkman/guide/nw-wm1s/

cats4.jpg



=========================================================

みなさんこんにちは!(≧▽≦)
今日明日と、中野サンプラザで秋のヘッドフォン祭り2016開催されていますねー!
WM1Zに絡んだ新規格4.4mmバランスケーブルの試聴ができたり、新製品ラッシュの続く国内外のイヤホン・ヘッドホンが目白押しと…物欲刺激Maxですが(;・∀・)

私も時間が取れたら現地行ってこようと思ってますよ♪

さて、新生ウォークマンNW-WM1Z/Aの発売まであと1週間になりましたが、SONYのグローバルサイトにてWM1Z/Aのオンラインマニュアルが公開されていますのでご紹介したいと思います。

リンクはこちらです。

cats_201610221016454a0.jpg



Englishがあるので中身は普通に理解できると思います(^^)/
ですので、発売までに操作系や仕様などをバッチリ把握されたい方には持って来いの情報ですのでじっくりご覧になってくださいね!

※日本語のオンラインマニュアルも掲載されていましたのでエントリートップのURLから参照してくださいー

純正の本革ケースの嵌め方なども掲載されていますので、買って慌てて傷をつけないよう今からシミュレーションされるのはいかがですか!?w

cats2.jpg



それと、少ない方々がmicroSDの使用できる容量を気にされていますがこれはmicroSDXCの規格を使用できますので最大容量2TBまで対応可能ですよ|д゚) そこまで大容量を必要な方々は稀だと思いますがw
当然256GBなんていう製品も普通に使用できますのでそこは安心されてください!(たぶんw
マニュアルにも特に制限の注意事項は書かれていませんでしたからね!


それとそれと!!
海外版(グローバル版?)のWM1Z/Aには言語設定が変更できる仕組みがありましたね。
これもマニュアルに記載がありまして-----
cats3.jpg


初回起動時に選択できるんですね!
某SONYショップ系のブログの記事にはこの辺のことは記載がなく、いきなり時刻設定だったと記憶していますので、ブログの方がこの言語設定を端折ってないとなると…日本国内向けは少なくとも言語設定が固定ということになってしまいますねー(-_-;) (↑の日本語マニュアルの内容の通り、国内版WM1Zには言語変更メニューはありませんでした)

うーん、、、個人的に普段は英語表記で使用したかっただけにちょっと残念ですね!
国内在住の外国人の方々も増えてる昨今、この辺の特異的な仕様はもう少し柔軟になってもらいたいです。

ほかにも興味深い細かなセッティング操作案内が記載されていますので、むしろこれからの長く待ち遠しい1週間を乗り切るために!?w じっくりと読んでみてください(^O^)

ではまたー!!





category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

64audioのapexモジュールの話 


みなさんこんにちは!(≧▽≦)
↓にあるウォークマンの開封動画どうでした?w
海外向けはケースまで付属なんですね!日本国内向けはケースは別売り、売値もその分少し安く設定されているようですが…ただですよ、分離するんであればSONYのほうで責任もってサードパーティ製のケース販売を依頼掛けておいてほしいですよね~(;・∀・) 今のところ、一向にその気配はありませんね。
年内にはどこかで本革でカッコイイやつお願いしますよ!!


さて、きょうの話題は64audioのCIEM、A12に装着されているapexモジュールについて書いていこうと思います!
このapexモジュールはCIEMによる極度の密閉感からくる音圧による鼓膜の保護、それから音圧を外へ僅かに逃がすことによる音場的な閉塞感の解消を主に目的とした画期的なシステムであることは、ADEL機構からこのCIEMを使用されている方々はご存知ですよね。



私もA12を購入してからというもの、このapexマジックにすっかり魅了されてしまい、今まで聴いてきたどのお気に入りの曲もそれはそれは物凄いリアリティサウンドで、かつ広いステージ感を持って鳴らせるこのA12に完全にノックアウト状態です。

このapexモジュールは、これまで完全密閉型であったCIEMが鼓膜そのものを直接振動させ人間に音を聴かせていたものと少し変わって、BAユニットから生成される音をヘッドホンのオープンエア型よろしく、スピーカーに近い構造を取ることによって外耳道を伝わらせる鳴らし方になっているといっていいと思います。

それがつまり、apexモジュールが第二の鼓膜と呼んでいる所以でもあるんだと感じました。

それまで鼓膜を直接振動させていた音が、いわゆるスピーカーライク、つまりダイナミック型のイヤホンに近い音の伝わり方も取れることで、先にエントリーしている数々の驚愕のA12が奏でる音のインプレッションに繋がっているのだと確信しました。

A12が奏でる音の印象を改めて書いてみると。。。

・BA型らしからぬ、ダイナミックなサウンドである事
・まるでヘッドホンから鳴り響いてくるかのような音場の大きさや空気感の再現性の高さ
・真の3Dサウンドと呼べる、明確な音源それぞれの定位感
・非常に粒立ちの細かい解像感
・決して刺さらない3~4kHz帯域の絶妙なチューニング
・総じて人間の聴覚に合致したチューニングによるトータルフラットな音域
・何時間聴いていても、まったく疲れを知らないサウンドの鳴りっぷり


そしてこれらからの条件から生み出される、迫真のCIEMサウンド体験

※ハウジング内にギッシリ詰まった12BAドライバー搭載のA12
DSC_4217_fhd.jpg



2週間経過した今も、このA12の弱点が見つかりません(;^_^A
A12を購入するまでに、様々な国内・海外メーカのCIEM試聴機をほぼすべて試聴させてもらいましたが、ここまでナチュラルかつダイナミック溢れるサウンドを聴かせてくれたIEMを私はまだ知りません。

そして、それを今後探そうとも思わせないぐらいこの64audioのA12のポテンシャルの高さに毎日ひれ伏している状態なんです(;'∀')

と、、、長々と書いてまいりましたが今日の本題、apexモジュールについてですよねw
実はですね、このapexモジュールのハメる向きによって音が変わるということです!
原理は自分も理解できておりません、、、が確かに変わります。

それはモジュールに空いている小さな穴ありますよね?あれがCIEM装着時に上向きになるようにハメ直してあげてください。するとどうでしょう!!?高音域の抜け感がより一層クリアになっちゃうんです!!!(/・ω・)/
(嘘だと思うでしょ!?ww)本当なんです!!

Axxお持ちの方、ぜひ試してみてくださいね♪




category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

なんと!!!(((o(*゚▽゚*)o)))早くも!!!!WM1Zの開封動画がぁぁぁぁぁああ!!! 


早すぎるでしょ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!wwww
まだ2週間もあるのに~(;^ω^)!

ってか、この国では!?外箱普通やんwwwwwワロタ これ32万円ですよねーーー!????ww

category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

Beatportの紹介(^O^) 


みなさんこんにちは!(^O^)
今日のエントリーはちょっと趣向を変えまして、、、私が個人的に常日頃からお世話になっている有料オンライン音楽配信サイトのひとつ、『Beatportについて少し書いてみようと思います!

昔から邦楽メイン、それも昨今のTranceに代表されるダンスミュージックやクラブミュージックを好む自分が良く利用しているサイト、それがBeatportなんです。

cats_2016101819195299a.jpg



これは北米の企業が2004年から運営しています。下に概要を簡単にまとめましたので興味ある方はご覧くださいませ☆


《ブラウズ・購入》
サービスはウェブサイトにて運営されている。インターフェイスは英語をはじめとした複数の言語に対応しており、一部のレーベル、楽曲を除き、日本の住所、クレジットカードで購入が可能である。また、OS X専用のデスクトップクライアントであるBeatport Pro for Desktopも利用可能である。かつてはサイト全体がAdobe Flashによって構築されていたほか、Native Instrumentsが販売するDJミキサーソフトウェアであるTRAKTOR 3から利用することができた。


《ラインナップ》
2007年5月現在、約3,000のレーベルによる約125,000曲の楽曲が販売されている。


《フォーマット》
楽曲はLAMEで320kbpsのビットレートにエンコードされたMP3、または無圧縮のWAVかAIFFのいずれかのフォーマットを選択できる。楽曲ファイルにデジタル著作権管理技術(DRM)は施されていない。


《価格》
楽曲はUSドル、UKポンド、ユーロのいずれかで決済が可能で、1曲あたりの価格は条件によって区分けされている。また、WAVフォーマットはメールオーダーとなり手数料として追加料金が必要となる。



------という感じです。
通常曲であれば、1曲MP3で1.49$でして、これを私の場合は大体無圧縮版のWAVやAIFFで購入するため1曲あたり追加料金1$を払います。つまり1曲2.49$と、、、まぁそんなに高くもなく安くもなく?しかし無圧縮音源が手に入りますので、ウォークマンなどでより良い音質で聴くには最適なんですねー(^O^)

トランスなどクラブ・ハウス・ダンスミュージック系はここでほとんど網羅できますので、もしご存じなかった方いればチェックしてみてくださいね!私のお気に入りはTritonal(トライトーノル)などです。

例えばこんな曲いかがですか?!
※特に2"15あたりからのメロディラインでトリップ出来ますよー!!(((o(*゚▽゚*)o)))


え?(;^ω^)YoutubeからMP3でリッピングすれば十分だって?w
そ、、それは、、、ダメなんでww
ちゃんと買いましょうね(/・ω・)/

では、また他のサイトもいずれご紹介させてもらおうと思います!(^^)/




category: ミュージック

TB: 0    CM: 0   

サードパーティ製4.4mmバランス接続リケーブルが登場! 


みなさんこんにちは!(*^▽^*)
先日、新規格4.4mmバランス接続用のリケーブル製品がSONY以外からなかなか発表されないという内容でエントリーしていましたが一昨日ぐらいにBriseAudioから第一弾製品群が発表されましたね!
発売開始は10月29日からということで、まさにセールス的にもNW-WM1Z/Aを対象にしているということです。




私、個人的にはBeatAudioのCIEM用2ピン・4.4mmバランスケーブルを狙っていますので、今回のものは見送る可能性が高いですが、サードパーティー製品として発表され始めたことは素直に喜びたいですし、今後BeatAudio含めた後続の製品群が出てくることに期待が持てますよねー!
(((o(*゚▽゚*)o)))

気持ち的にはウォークマン1Z発売日にBriseのバランスリケーブルでA12を聴いてみたいところですが…(;^_^A
実はBeatAudioの3.5mmアンバランスのSignal黒をオーダーしちゃってまして(;・∀・)
いや、やはりBeatAudio同士のバランス非バランスを聴き比べなきゃいかんな!?ということなんですよねw

cats_20161016151524aac.jpg


個人輸入で買いましたので、お値段のほうも3万7千円程度で済んでいます。
いつ来るのか、ショップサイドの反応がシステム自動メール以外まだ無いんで不明ですが
送料無料(というか国際普通郵便だからねー)なのでそこそこ日数かかるのかな?
っていうかそもそもこれ、どこから送られてくるん!?(;^ω^)



category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

CIEMをリケーブル予定 


皆さんこんばんは!
ついにあと2週間と迫ってきましたNW-WM1Zの発売日!(((o(*゚▽゚*)o)))
しかししかし、、、CIEMををご使用の方々はある一つの重要な心配事ありますよね~?!

それはもちろん4.4mm新規格バランス接続イヤホンジャックに対応したリケーブル製品がまだ一切出回っていないということです!

私ももちろんそれを待ってのリケーブル予定ではあるのですが、目下最有力候補のBeatAudioからも一切のアナウンスなどはありませんね。(噂では年内には4.4mmバランスリケーブルを発売するようなことも聞きますが)

10月29日の発売時にはやはり3.5mmアンバランス接続で聴き始めるしかないのでしょうかね!?
上のうわさが真実だとしても、約2か月もの間バランス接続を試せないなんて切なすぎますよね(;´・ω・)

アンバランスで少しでもベストな音質へ持っていくためにはこんな製品でお茶を濁すことしかできないですね。

BEAT AUDIO ビートオーディオ BEA-2136 [SIGNAL FOR CUSTOM]100000001002490242_10204_001.jpg


これだけでもお値段約6万円www
さすがに2か月をしのぐにはコスト的にアレですが、、、その後中古として売却すればよいのかな!?ww
(;・∀・)

なんか買っちゃいそうで怖いwwww

皆さんはどうするつもりですか?!

category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

ギョエエー!(;・∀・) 

皆さんこんばんは!(*^▽^*)
先日、64audioのA12が到着してからというもの
部屋に籠ってはA12のリアル3Dサウンドに酔いしれている日々を送っていますw

そんな矢先!なんと現在北米はコロラド州デンバーにあるMarriott Tech CenterにてROCKY MOUNTAIN
AUDIO FEST(通称RMAF)が開かれていまして、

cats_201610092151485b2.jpg


そこでなんと64AUDIOから強烈な新製品が発表されてしまったんです!!!

(;'∀')その名もU18とA18、、、orz

f04f3cdf_new.jpeg


これはかねてから64AUDIO公式サイトで予告されていたtia機構採用による新機軸ハイエンドIEMの事です。
そしてその名前からもわかる通り、内部に搭載されるBAドライバの数は何と18基にも達しますwww

ほかにもダイナミックドライバとtiaシステム採用のハイブリッドIEM tia fourteというモデルも発表されていましたね!
すべてHeadFiやツイッターなどで情報は出回り始めています!

ちなみにこの『tia』という64audioが特許出願中のシステムですが、高域担当のBAドライバからの音導管が無いんだそうです(;・∀・)

え??ww じゃぁ音はどうやってハウジング内から外耳道へ導かれるのかって?
どうやらハウジング内で直接鳴らしてしまうらしいですよw
いやーー、、、盲点でした!!(ww ってお前はエンジニアかよww)

その結果どんな音が導き出されるのかは想像に難くないですが、とてもピュアな澄み切った高音域が得られるんでしょう!そうに違いない!!(ククーーっ(;´・ω・) いいなぁーーー(-_-;))


というわけで、A12購入直後の新フラッグシップの発表だったんでちょっとビックリ!しましたが30万も40万もするCIEMをポンポン買ってなんていられませんからね!(;^_^A

A12の音は今まで自分の耳で聴いてきたイヤホンで最高なのでちょっとやそっとじゃ浮気心は起きませんでーww
(((o(*゚▽゚*)o)))

ちなみに、A12ってロックやポップス、もちろん私の大好きなトランスなども得意なんですが…
オーケストラサウンドもめっぽう得意なんですよね!!今、まさにそっちにハマっておりましてww
音場と空気感が素晴らしいんでずーっと聴き入ってしまいます。
特にパイプオルガンはヤバいですよww


category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

64AUDIO A12(Premium GOLD FacePlate MODEL)のファーストインプレッション! 


本日は取り急ぎの接続、それはつまりFOSTEX PC100USB-HR2を使いfoobar2000からのWASAPIビットパーフェクト出力でのデジタル変換による再生でA12を鳴らしてみた!!!

(最初にみなさんに謝っておきます…CIEMを完全になめていました、本当に申し訳ございませんでしたm(__;;)m)

DSC_3979_fhd.jpg



インプレッションを思いつく限りの思いで書き殴ったので時間のある方は是非読み進めてほしい!!

・使用機材 Windows10 PC + FOSTEX PC100USB-HR2(24bit 96kHz ハイレゾ対応)
・デジタルプレイヤー foobar2000 WASAPI出力設定



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■インプレッション■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



《真の3Dサウンド》
・あらゆる楽器、ボイスの定位が素晴らしく明瞭かつ安定している
・奥底から地鳴りのように響いてくる低音域の再現とその量感が、とてもこの小さなハウジングから鳴っているとはまずもってして脳が理解できない
・微かな効果音も聴き逃させない精密かつ繊細な高音域の再現性とその澄み切った立体感



《音場とその圧倒的なスケール》
・サウンドが鳴り始めた途端に体感する音場の広さに脱帽
・本当にこれがイヤホンから鳴り響いているとは到底理解できない圧倒的なスケール感
・ゼンハイザーHD800のあの開放型リアルサウンドに疑似する(いや超えるかも?)スケール感と空気感にただただ驚愕するばかり



《BA型と思えない鳴りっぷり》
・まるでゼンハイザーIE800のスケール感をさらに2倍にも3倍にも増してパワーアップさせたかのようなダイナミックなサウンド(ただしIE800の特質であるボーカルの引っ込み感や高音域の刺さりは皆無)
・これがバランスドアーマチュア機構であることは目隠しをされたら誰もわからないはず


【総評】
・APEXモジュール機構による独特のリアル3Dサウンドと音場スケールの拡大が聴感できる
・低音域から中音域、高音域に至るまで全ての領域で全てのサウンド、ボーカルを見事に鳴らす
・一切の曇りの無い音色、尖らない高音域、まるで地鳴りを感じさせるような極低音域をも完全に再現できる
・BA型12ドライバーの恩恵はサウンドのスケール感に最大に寄与。もはや大型のヘッドフォンで聴いているような錯覚を起こさせてやまない


【追記】
これまで手持ちであったIE800やSE846の能力をいとも簡単に超えていった……(-_-;)
しかもそれぞれの長所を持たせて融合していった。。。
今までのインイヤーモニターの音をすべて否定し、新たな領域へ連れ去ってくれた64AUDIOのA12
プロのミュージシャンが真剣にこれらのサウンドに目を閉じて聴き入っているとは思えないが、なんという贅沢なサウンドをステージで聴いていたのかと思うと、、、いやはや(;'∀')

他のCIEMには無い、唯一無比のAPEX機構とそれによってもたらされる壮大なサウンドスケールとリアル3Dサウンドに一切の偽りは無かった!

foobar2000からのWASAPIダイレクト出力によるビットパーフェクトなデジタルサウンドとは言え、わずか1万円を切るPC用USB-DAC(FOSTEX PC100USB-HR2)との接続ごときでこの圧倒的なリアル3Dサウンドを聴けたことに驚嘆するばかりだが。。。それだけこのA12のポテンシャルが相当な領域に達していることの裏付けであろうことは想像に難くない。

DSC_3992_fhd.jpg



果たして今月下旬、この驚愕のA12をNW-WM1Zに差し込んだ瞬間!いったいどうなってしまうのかーーっつ!!???
(;'∀')




                                    To be continued....




category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

64AUDIO A12 届きましたー!早速開封動画だーー!!(((o(*゚▽゚*)o)))こりゃスゲーwww 


皆さんこんばんは!(≧▽≦)
2500$の価値大ありです!これwww
ヤバいわ。。。マジでw 物凄い高級感にあふれた気品あるCIEMですねコレ!

製品としての質感・完成度ともに素晴らしいです(*^▽^*)
ゴールドの雰囲気に文句無し!!!
装着してみましたが、耳へのフィットもバッチリでしたよー!!

音質などについては後日改めてインプレッション動画お届けしますんで、
まずは開封動画をこしらえました!海外向けにも配信するので片言の英語になってます
(;^_^Aすみませんm(__)m

今夜はコイツ(A12)を抱いて一緒に寝ます(笑)




ありがとう!!!64AUDIOの皆さん!!(Thank you for 64 audio!!)


category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

来てます来てますー!!!(((o(*゚▽゚*)o))) 


皆さんこんばんは!!(*^▽^*)
64audioで注文していたA12ですが、当初の予定通り6営業日目で作成を完了し、その日のうちに出荷されたようです!!
素晴らしい対応ですね☆

shipped.jpg




9/23の金曜日にEMSで発送しまして、なんとまだ2週間すら経過していません(;´・ω・)
なんという速さ!!!w 制作自体は現地時間の26日からスタートしてジャスト6日目で最終製品仕上がり確認を終え、そのまま出荷。もはやこれ以上の早い対応は、ましてや海外との取引では望めないことと思いますね。

RUSHオプションの威力、まざまざと見せつけられました。
これは250ドル余計に払う価値ありです!!(≧▽≦)


そしてなんと、日本時間の今朝早くにFedExで出荷された私のA12ですが、なんと明日にも届くというじゃありませんか!(これが一番びっくりwww)
日本時間にして本日4日08:00時ぐらいの出荷で5日の夜までに北米から荷物が届く…(;'∀')
こ、、、こんなことがあるんでしょうかw 北米からは今までも何度かクルマのパーツやらでお世話になったことはありましたが・・・・FedExやるな!(笑)


fedex.jpg


※ちなみに今回のFedExのサービスは『インターナショナル・プライオリティ』という上から2番目の速達便です



一応FedExのトラッキングサイトで何度も確認しましたが、そんなことをしている矢先にFedExから『明日夕刻にお届けします』メールが(爆) インプレッションの発送日から総日数なんと12日間でCIEMが仕上がって届くというこの超絶スピード。。。。いったいどうなってしまうんでしょうか!!?(;^ω^)



最後のオチが装着合わずでリフィット必至ってのだけはやめてほしいですねwww
ではみなさん、また!!




category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

ウォークマンWM1Z用に携帯用シェル型ポーチを購入してみた! 


みなさんこんにちは(^o^)
いよいよ10月に突入ですね!今月の下旬にはいよいよ待望の1Z発売ですよ♪

さてさて、その後純正の1Z/A用ケース以外に音沙汰が無いですがこのまま発売になってしまうのでしょうかw
さすがに30万円の1Zをむき出しで持ちあるいたり、カバンへ放り込むような方はいないと思いますが、みなさんどうするんですか?(;^ω^) まさかあの1万円とは到底思えない純正のケースを買ってしまわれるんです?(;´・ω・)

私はそれは絶対に避けたいので、あえて今回紹介するMOLESKINEのハードシェル型ポーチを買ってみましたよ!
YouTubeで紹介しましたので興味のある方はご覧ください
※音声にノイズが相当乗っかってますがw (-_-;)



当面はこのケースでしのいで海外含めたサードパーティーから良さげな本革ケースが発売されたら乗り換えます!





category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。