iBassoがESS社のDACチップES9028Proを使用した何らかの製品を開発中! 


みなさんこんばんは(^_-)-☆
ここ最近はめっきり暑くなってきましたね!連日夏日も珍しくなく、このまま一気に夏を迎えたいところですが…w

さて、つい先日私は中国iBasso Audioの中の人としてHead-Fiでもお馴染みのPaul氏とeメールにて何通かやり取りをさせていただきまして、その中で私自身最も興味のあること、それはつまり今後のiBassoの新製品の展開について聞いてみました。

とても重要な英文がこちら…


We may have a 9028 coming out. Details are still being worked out.



これはDX200でおなじみの超高音質DACであるES9028Proを使用した何らかの製品を披露できる可能性があることを示唆しています。詳細についてもまだ当然伏せられていますが、DX200を出した後の製品になりますからやはりここは我々としてはiBassoのお家芸であるポータブルヘッドフォンアンプを期待したいところですよね( *´艸`)

ES9028Proを使用するということは、リリース後もう4年近く経過するD42さらには昨年発売されたD14の後継モデルなども考えられる。もしくは薄型でAndroidスマートフォンなどとのコンビを想定したD-ZeroMk2などの後継機種も手中に入るかもしれない。

ES9028ProをSingleもしくはDualで搭載となると、それなりのフラッグシップ的な位置づけとなるから、はやりD14の後継モデルもしくは設計年度が古くなったD42の後継モデルが可能性としては高いと思われる。

201601012143061155.jpg
※画像はiBasso D14 BushMaster


もちろん、完全な個人的予想なのでポータブルアンプのジャンルではないのかもしれないが、目下製品入れ替えとしてはタイミングの良い時期に差し掛かっているアンプ製品の可能性は高いだろう。

ES9028Proの音質はすでに十二分にDX200によって証明済みであるから、黙っていても今後の同DACチップ搭載モデルには期待がかかるというもの。

希望的スペックとしては--

・ES9028Pro Dual
・OPAMP 交換可能(D42ですでに実現)
・光・同軸・USB入力あり
・Balance出力あり

などを挙げたい。そうすることによって、プレーヤーとしての選択肢が広がり、小型のDAPを選んでより省スペースな運用、かつアンプ独立による音質向上のメリットを享受できる環境が構築できるのだ。

現状、DX200+PB3にて運用することが多いが、やはり少し大きくなってしまうのが難点。
これを克服するために、ES9028Proの超高音質DACをひっさげた新生ポータブルヘッドフォンアンプに大いに期待して待ちたい。












category: PHA

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード