ゲーミングPC向けにグラボを更新しました(^^) 


皆さんこんにちは(^^)

前回のエントリーから大分月日が経ってしまいました(^_^;)
ここ最近、実はPCゲーミングにハマッておりましてw
ご存じの方も少なくないかと思いますが、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ)』略してPUBGなるゲームで遊び呆けております。もともと大学時代にInternetの国内黎明期からゲームをしていたんですが、2~3年に一度、このような大ヒットするゲームが世にリリースされる感じですねw

現在はPC版のみのリリースですが、年内にもXbox版でのリリースも予定されており、現在の同時接続プレイヤー数(リアルタイムでのアクティブプレイヤー数)は90万人にも迫る勢いとなっています。これはPCゲーミングのみならず、コンシューマーを含めた全てのゲームコンテンツでのトップ数となっておりまさにその高い人気が裏付けされる形になっています。尚、現在までの販売DL数は全世界でおよそ800万本以上ということで、これまたモンスター級のヒットと言えますね☆

さて、ここで問題となってくるのがPC自体の性能ということになってきます。ここ最近のオンラインネットゲームはとにかくグラフィックも大変美麗ですからPC性能も高いものが要求されます。
いわゆるゲーミングPCというジャンルですね。現在の当方のPC構成をここで表にまとめておきたいと思います。

pcspec.jpg



ゲーミングPCとしてはそこまで力のある構成ではありません。程々に快適といったところでしょうかw
PUBGをするにあたり、フレームレートが画質のUltra設定で50FPS前後でいまいち追随性が犠牲になってしまっています。使用しているメインのモニターが60HzのIiyama IPS 2,560x1,440解像度なのでFHD解像度では80~90FPSの性能はあるはずなのですが、ここが現状のボトルネックとなっています…(^_^;)
個人的にはもうFHD解像度には戻れないカラダになってしまっているので、最終的にグラボをアップグレードしていくしかありません。

※ちなみに、今月下旬にはさらに解像度の高いAcer Z35Pという3,440*1,440 21:9画角のモニターが米国から輸入されます(;・∀・) そうするとこの1080Tiでも満足行くリフレッシュレートにならないんですけどね(・・;)


そういうわけで今回このGPUのボトムアップということで、GTX980Tiからひとつ新世代に移行したGPUコア搭載のGTX1080Tiを選択しました。メーカーはNVIDIA直系といっても過言ではない米国EVGA社のものをチョイス。中でもGPUパフォーマンスを最大限に発揮できるとされる水冷式GPUボードにすることにしました。


それがこちらです。
20170901_143542.jpg


『EVGA GeForce GTX1080Ti SC2 HYBRID』、Amazon.com(米国)からの個人輸入で価格は送料輸入消費税込みで約$900。
日本円で10万円強といったところです。国内で発売されているMSI製の同様のモデルで12万円弱であることを考えると、送料などを含めてもまだ安く買えたことになります。
しかも米国では絶大な信頼を誇るEVGA製なので、輸入とは言え安心感はピカイチです。

さらに先週、購入特典プロモーションということでNVIDIAからPC版のリリースが10月に予定されている『Destiny2』の無料アクティベートコードもいただけました\(^o^)/ これは全く期待してなかったプレゼントだったので嬉しい誤算(笑)
ただ、当面はまだPUBGに嵌りそうなのでどうなることやら(^_^;)


さて、今回のGTX1080Tiを装着するとこんな感じになります。


EVGA GTX1080Ti製品全容

20170901_144343.jpg





装着完了図

20170901_153047.jpg


クルマのラジエターと同じような感じでクーラントによる水冷仕様なので、私の環境ではこれまで付けていた後部排気用の120mmファンを取り除き、かわりにラジエター機構と排気ファン120mmを取りつけるようになります。

そもそもPCケース内部の温度はGPUボードによる温度上昇が大半を占めていたので、今回ここが水冷式になることでケース内部の温度上昇そのものは無視できるようになり、CPU温度上昇などの排気のためSilverStoneMM01のフロント180mm*2の大型ファンで十分になります。

今までゲーム中はGPU温度上昇によってマザーボード自体の温度が上がることによりM.2接続のSSDの温度が62℃程度にまでなってしまっていたので、この点が解消されるのも大きな利点となりました。
(GPU換装後はゲーム中でも50℃までに留まります!これは大変素晴らしいこと)


さて、この製品には別途専用のOC用ツールが配布されていてインストールして使ってみることにしました。
すると。。。デフォルトでもGPUコアクロックが2GHzにまで到達するというモンスターっぷりに仰天ですw

OC耐性の高い質の良いコアを選別して搭載させるEVGAですから、この辺の手応えにも嘘偽りがありません。
しかも今回は水冷式なのでゲーム中のコア温度も実に49℃前後にまでしか上昇しません!(;・∀・)
水冷式は初めてでしたがこれは一度体験するともう空冷式には戻れないぐらいのカルチャーショックがあります。

試しにPUBGでどこまでOCできるか試してみたところ....

cats.jpg



御覧くださいwww (・・;) あっさりと2,050MHzの壁?を突破し、なんと2,062MHzまで上げることが出来ましたw

これでゲームをすることが可能だったので、私の個体では2,062MHzまでが常用帯域となりそうです。
(これ以上だとゲーム自体が落ちてしまいましたw)

実はメモリ自体は↑では上げていませんが、こちらも400MHz程度は普通にOC出来ました。
このEVGAの製品、本当に恐るべき底力を秘めていそうです。それでいてコア温度は50℃にも到達しないという…
(;・∀・) いやはや、、、こんな製品を10万足らずで買えちゃっていいんでしょうか(笑

ということで、今回のエントリーはPCゲーミングの世界でした\(^o^)/
次回はエントリーの中でちょっと触れましたが新しいゲーミングモニターが届く予定になっていますので、そちらについてまたエントリーしたいと思います!

最後まで読んでいただいて有難うございました(*^^*)




category: PC

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xperiarx.blog.fc2.com/tb.php/118-c04b5acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード