スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

【画像追加】ゼンハイザー(SENNHEISER) IE800を聴く! 

4/15にヨドバシカメラ秋葉原店から、予約してから1週間しないうちにゼンハイザーIE800の
入荷連絡がありました。当初、入荷は5月末と言われていただけに、こんなに早く(カネを用意する羽目に)買うことになるなんて、夢にも思っていなかったのでw とてもサプライズでした(笑)

7万を銀行から引き出し、店頭へ。

シリアルナンバーを選べるほど、入荷していなかったらしくとりあえず店員さんが掴んできた個体を
買うことに。。。一応BOXにはシールが両サイドから貼ってあって未開封のようです。
※保証書はBOXの底面にビニール梱包でくっついている。

これがIE800のBOXです。
DSC_3472s.jpg


さて、早速開封します。。。。
DSC_3478s.jpg


中を開けると、イヤフォン本体と延長コード、さらにイヤーアダプター各種に耳垢などを取り除くための
ピンセットのようなツール、そして携帯用に用意された本革のイヤフォンケース、マニュアルなどとなっています。

本革のケースは漆黒で、革のいい香りが漂います。イヤーピースは私の場合はとりあえず[S]を選んでつけてみました。装着の図が下です。
DSC_3481s.jpg


写真でもわかるとおり、イヤフォン本体自体が非常にコンパクトです。まさに、持つというよりも摘まむ感じ。なんというか、ニイニイゼミって知ってますか?(笑) あんな印象を受けるのです。

後端にベントの穴が二つあって、これまたなんというかシジミのような印象!?w

質感は全体がセラミックで出来ているだけあって、本体同士が軽く当たるだけで、上品なカチカチっという音を出します。小さいんだけど、質感は非常に高く、SONY製のイヤフォンもこんな感じで質感を高めた製品も出してほしいな~なんて感じました。
(最近のSONY製のはどれも樹脂パーツで成形されていますからね~(~_~;) コスト削減の余波か…)

それでは、早速IE800を装着し、聴いてみることにします。
とりあえず聴くCDはAudiomachineのChronicles[Import版]です。

このCDは、いわゆるサウンドトラック的なもので、主にハリウッド映画などでのTrailer予告編で使用できるようなイメージを持ったサウンドが特徴です。どれも2~3分程度の長さで編集されていて、希望感や興奮感、時には喪失感や堕落感などを上手く表現している曲目が多いです。いずれも重低音を多用しており、曲によってはバックにコーラスも入る荘厳な雰囲気も多いのが特徴です。個人的には非常に好きで、イヤフォンの性能、特に低音部や高音部などを試す曲としても最適なCDのうちの一つだと感じています。

さて、IE800の音ですが8曲目の『Breath and Life』などはノッけから曲のスケール感がここまで大きかったんだという再認識から始まります。低音は一切破綻することなく最後まで鳴り抜けます。このコンパクトなボディーのいったいどこからこのようなスケールの低音を出せるのか、本当に不思議でなりません。
これは店頭で試聴させてもらった時と同じ感動を覚えました。

曲全体がとにかくエネルギーに満ちているというか、質が高くまんべんなく脳裏?を包み込んできます。
耳から聴いているというよりも、頭の中全体で鳴っているものをカラダで聴く、というような表現がいいでしょうか。音場が広くなったおかげでそうなるのでしょう。

聴いていて、とにかくほくそ笑んでしまう自分がいます。
手持ちのCDを全部聴き直したいですw

ただ、1点不満があります。それは高音域の刺さりがあることです。
もちろん、購入したてで数時間も経っていないわけなので当然かもしれませんが、高音域は鋭さが残り、
曲によってはシャリシャリしてしまう場面もありました。

エージング経過によってどれぐらい今後落ち着くのか、それもまた楽しみではあります。
高音域が落ち着いてくると、文句ないイヤフォンに仕上がってしまう事でしょう。

お値段も、一般常識からすると考えられないような値段のため、おいそれと購入に踏み切れる方はそう多くないと思われますが、製品そのものの品質も高く、デザインも落ち着いており、小粒ながらw所有感を満たしてくれるこのイヤフォンは、買っても後悔することはないと断言できます。

DACを変えたり、高ビットレートの曲目でどう変わってくるのか、今後も色々楽しんでみようと思います。

DSC_3488s.jpg



category: イヤフォン

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xperiarx.blog.fc2.com/tb.php/12-e9bc1fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。