FC2ブログ

突然ですが機械式腕時計買いました(^^)/ 


みなさんこんにちは(^^)/
今日のエントリーはいったん戸建てシリーズからそれまして、久しぶりに購入した機械式腕時計について書いていこうと思います☆

実は私、2001年過ぎ頃から5年間ぐらいROLEXのアンティークモデルのコレクションにハマりまくっていた時期がありましてw
サブマリーナ、シードウェラー、エクスプローラーⅠ・Ⅱ、デイトナ、などなどのいずれもアンティークモデルを集めて所有していました。

当時のサブマリーナでいうと、Ref.5512やRef.5513、Ref.1680などを持っていまして、Ref.5512などはまだ30万円前後で購入できていた時代です(;^_^A
ちなみに、今それらのモデルがいくらで相場取引されているかご存知ですか?
なんとその額、200万円!!!Σ(゚Д゚;
そうなんです、この10年ぐらいでROLEXのアンティークモデル、特にサブマリーナ系やデイトナ含めた各アンティークモデルが軒並み高額化しているんです…(◎_◎;) トホホ、、、もちろん、私はとっくに処分してしまっていまして。
(まとまったおカネが必要になった時期があってですねw 仕方なく売却しちゃってます)

Ref.1655のエクスプローラーⅡ(現在相場250万前後)だけでも保管しておけばよかった…
あ、過去の写真あるので、それだけ載せておきますw (;´・ω・)



カッコつけて英字新聞買ってきて撮ってますw
5512.jpg



Ref.1655エクスプローラーⅡのアップ写真。素晴らしいデザイン!唯一無比!
1655.jpg



Ref.5512サブマリーナとRef.1655エクスプローラーⅡです。いずれもご覧になってわかる通り、丸の内の日本ロレックスにてケース以外の全パーツをオールニューにしておりました(◎_◎;)
おまけに、箱からタグからなにから完備という…今だったらこれ、、、買おうと思ったらひとつ300万は軽く超えると思いますw

こうしてみると、やはり私個人的にはRef.1655エクスプローラーⅡがROLEXの中でも極めて異彩を放つ存在だと再認識します。
何時何分なのか、パット見でわかりにくいこのダイアルww (;^_^A
まさに所有者になって慣れ親しんだものにしか理解できないこの時計との会話ってやつですねw

Ref.5512サブマリーナも素敵ですね~♪ こんな奇麗な状態でもう無いでしょうね。この2本は本当に好きでしたが…
うぅぅ(-_-;) 1655は80万ぐらいで売却した記憶がありますね。今では到底考えられない安値www

ROLEXの時計そのものの技術価値ならず、資産価値という点でも当時から一目置いていましたが、この10年以上でそれが真実であったと改めて気付かされます(;^_^A

Ref.1655はいつかまた取り戻したいと考えることもあるんですが…クルマ一台の価格に迫ってますからね~w
そんな感じで過去において、ROLEXを愛していた時期があったんだという内容をお伝えしました。

しかし、ROLEXをすべて売却した以降も、やっぱり腕時計、それも機械式腕時計が好きであることに変わりはなく、このブログに掲載するのもためらう様な比較的チープなモデルを物色してお茶を濁しながら過ごしてきました。。。

ところがここへきて、ちょっとだけ資金に余裕も出てきたということもあって、高騰するROLEXは横へいったん置いておいて(;^_^A
なにか、機械式腕時計の魅力を存分に味わえる手頃な価格帯のモデルは無いものだろうか?!と調べていたんです。



そこで目に留まったのが、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)ハミルトンです!(*^▽^*)

IWCは1868年にスイスのシャフハウゼンで創業、すでに150年の歴史があります。ってか、今年150周年じゃないですか!
(今年何か特別なモデル出るなこれは…(;´・ω・)と思って調べなおしたらすでに先のバーゼルで色々発表されてましたw)

さて、IWCの時計ラインナップも色々あるのですが、やはり機械式腕時計が好きな方なら誰でも一度は見たことがあるであろうパイロット・ウォッチのマークシリーズがまずは有名なのではないでしょうか。

ここ最近ではCal.30110というETA社ムーブの自社改良版を搭載しています。このETAベースのムーブがとにかく優秀でして、、、(;^_^A
詳しい解説は他の時計専門ブログにお任せするとして多くは語りませんが、とにかく隙のない完璧な機械時計なんですね!
これを搭載した最新のモデルがマーク18というモデルになりまして、2017年に発売されて実売価格が35万円前後!!!(◎_◎;)
こ、、、これは、、、買いだ!となって飛びついて買ってしまったわけですww
ちなみに、アジア圏では35万膳前後の相場が多いようですが、欧州などでは43万円前後となっていますね。ちょっと差が開いているのは不思議です。今後どっちかの相場感に引っ張られるでしょうね。
ちなみにそもそもの定価は50万円オーバーです(◎_◎;)

iwc_edit1920.jpg


購入したのはイタリアのサントーニ社製の革バンドが装着されたモデルですが、さっそく自分好みの革バンドへチェンジさせましたw
このバンドはいわゆるNATOタイプ型のストラップで牛革でできております。とてもしなやかで、革の香りがプンプンと漂ってきます。気取らない上品さと適度な崩し感が絶妙にマッチしていると(個人的には)思いますw
こういうのは自分が満足するかどうですからね(;^_^A

バックスキンはグレーで加色されていてビジネスシーンにもバッチリだと思います!


ちょっとエントリーが長くなってしまったので、きょうはIWCのエントリーで終わりにしたいと思います。
実は、もう一つ購入したモデルがありまして…それがもう一社のハミルトンの腕時計になります。

こちらについては改めてエントリーさせていただこうと思っています(^^)/








category: 腕時計

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xperiarx.blog.fc2.com/tb.php/138-33765c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード