運用方法 

Globalモデルを購入し、日常使用するにあたって、その使い方を想定しておく。

現在: 【Willcom WX-01K】   ⇒ 通話ケータイとして常用
    【docomo XPERIA NX】  ⇒ ネット接続専用で常用(機内モードでバッテリ節約)
     ※緊急用の通話で使えるよう、docomoのSIMは挿してある
    【Acer ICONIA TAB A-500】⇒ WiFiタブレット

    【イーモバイル WiFiルータ GP02】 ⇒ 常用のモバイルWiFiルータ(主に平日都内)
    【au WiFi WALKER LTE】⇒  同じく常用のモバイルルータ(地方部へ出かける際など)


XPERIA NXは常時WiFi接続のみで使用しているので、基本的にはどんなスマートホンやタブレットを
購入しても、上のような構成では問題が発生することはない。
昨今のスマートフォンの大型化を考えれば、今後通話機能だけを持った携帯が、小型化された形で登場
してくることになると思う。(Willcomのストラップフォンのように)

もちろん、端末を2つも3つも持つのは面倒と考える人が圧倒的な数であることは間違いないだろう。
しかし、現時点でよりヘビーにスマートフォンを毎日何時間もしようとすれば、バッテリーの持続時間
が足りなさすぎて、結局バッテリーを持ち歩いたりとなる。また、調べ物をしているときに電話がかか
ってきた際には、通話も兼用でスマートフォンというのは少々難がある。(スピーカフォンモードでは
プライベートであれビジネスシーンであれ、会話を公共の場ですることは不可能)

ということで、小型の性能の良い通話専用のケータイが、回帰的な製品として今後登場するはずだ。

話がそれたが、、とりあえずXPERIA ZのSIMフリーグローバルモデルを輸入しても、問題は無さそうだ。

それと、よく技適云々を心配される方がいるが、法制度上から言っても輸入端末の使用は問題のある行為
とは思えない。また国側のこれらに関する解釈もきちんと示されていない現状では、白でも黒でもグレー
でもないといえるだろう。

category: XPERIA

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xperiarx.blog.fc2.com/tb.php/2-dd09199a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード