JB 4.2.2をXPERIA Zにインストールした! 

カスタムロムのROMAURが7.3までアップデートされ、ようやく安定版となってきたようなので今回インストールしてみた。
カーネルは4.2.2初対応のDooMkernel v.9だ。

動作はかなりヌルヌルとなり、まるでiOSのiPhoneを触っているような印象だ。
XPERIA Zのクアッドコアはまだまだ余裕のある感じなので、かなり快適なロムになったという印象。

それと、これはICSのころからそうだが、ウインドウの動作がなんとなくもたつくと感じる方は、以下の方法でテキパキとした動作が取り戻せる。

開発者オプション(JBからはビルド番号を連打すると表示されるようになった)の【ウィンドウアニメスケール】と【トランジションアニメスケール】をそれぞれデフォルトの1倍から0.5倍へ変更してあげるだけだ。
これだけで、ウィンドウの開閉時間が短縮され、レスポンスの良い動きが取り戻せる。決してOSが重くなっていたわけではないのだ。

※ビルド番号では7.2となっているが、これはRom側のミスです。

Screenshot_2013-07-18-23-43-01.pngScreenshot_2013-07-18-23-44-29.png

それから、最近はauのLTE microSIMがそのままXPERIA Zでも使えることが分かったので、自分も通常首都圏にいるときはSIMを直接挿して使用することにしている。下の画像のとおり、2.1GHz帯のLTE回線を拾っていることが分かるだろう。auのLTE回線はdocomoと違って、非常に都内でも快適な部類に入る。EmobileのLTE並みと言ってもいいだろう。それぐらい快適なのだ。通話はもちろんできないが、常時通話専用の携帯を持ち歩いているので全く問題ない。

というわけで、暫くROMAUR7.3~で運用してみたいと思う。

Screenshot_2013-07-18-23-47-58.pngScreenshot_2013-07-18-23-33-23.jpg
" />

category: XPERIA

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xperiarx.blog.fc2.com/tb.php/23-d1558d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード