スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

SE846 レビュー 現時点で最高峰のイヤホンへ到達か!?! 

先日、購入したSHUREのSE846。
今日のエントリーでは、現在の最高級イヤホンの双璧をなすSENNHEISERのIE800との比較を交えて、
お伝えしていこうと思う。今回の環境も画像の通り、AK100にD12Hj(光)という常用2段構成である。

DSC_4077s1.jpg

まずSE846はノズルインサートが3種類用意されているが、IE800を聴き込んだ耳の方々には【バランスタイプ】では若干高音域の籠りを感じてしまうかもしれない。そこで、以降の比較ではブライトタイプに換装してある事をお伝えしておく。

ブライトに変更して一聴して感じることは、明らかに中高音域のダイレクト感が増し、一歩引っ込んでいた音がすべて前へ出てくる。かといって低音域の出方は変化がないため、アグレッシブで華やかな印象に変化する。
これはSE535などでは体験できなかった音だ。IE800との違い、まず低音域ではそれがバランスドアーマチュアのダブルユニットと想像させない迫力とスピードのある音が広がる。これは正直IE800と甲乙つけがたい。かろうじていえることは、IE800では下の下まで、すべて鳴らしきっている印象だが、スペック上での周波数帯域の違いもあり、本当にごく一部の底の底に眠るような超低音域において、SE846ではその担当音がすべて出し切れてないかもしれない?といった微妙な違いにとどまる。おそらく殆どの方は違いは判らないはずだ。

それが中音域になると、SE846の真骨頂ともいえる音の厚み・濃厚さ・かつ繊細なニュアンスをより伝えてくることが判る。この表現はダイナミック型のIE800ではできない領域だ。特にボーカルやギター、ベースの微妙なニュアンスが全て最後まで耳に届けてくる。中音域の表現はSE846の圧勝と言える。

そして高音域だが、IE800ではもともと煌びやかな表現が得意で、それが時に録音マスターによっては音の刺さりにも繋がっていた部分なのだが、SE846では刺さりの類は皆無である。
しかし、IE800と比べると何かのスパイスが足りないことに気が付く。それは音に十分な潤い感や艶が足りないのだ。おそらくこれはハウジングの構造上もしくは、BA型ユニットの特性上の宿命といえるのかもしれない。
高音域の一つ一つが、おそらく鳴り抜け切れていないために人間の耳に艶の若干の欠落として印象付けるのかもしれない。しかし、それは衝撃的なIE800の高音表現の前でそう感じるのであって、それ以外の下位モデルのどのイヤホンを持ってしても、SE846を蹴落とすような高音域を表現できたBA型モデルは皆無であろう。
今回初搭載されたローパスフィルターの効果は素晴らしく、中音域や高音域への干渉波を消滅させている。それが高音の圧倒的な表現力にも繋がっていることは間違いないのだ。

ところで、純正のソフトフォームイヤパッドの耳垢防止の極小ネットも、高音域の表現に影響を与えている可能性もあった。
そこで、現時点で--

   SE846 IE800

低域  ◎  ◎

中域  ◎  ○

高域  ○  ◎

という、簡単な比較表を頭に入れておいてもらい、レビューを続けようと思う。

 

SE846は、高音域の表現があと少し上がれば、万能なイヤホンへ変貌することが判ると思う。
そこで、純正のソフフォームトイヤパッドをコンプライのTs-100シリーズへ、純正のケーブルからAUDIOTRAKのRe:Cable SR2へと、それぞれ換装をして聴き込んでみることにした。

するとどうだろう!!耳、いや頭全体に広がるサウンドは、まさにIE800のほぼ完ぺきな艶を伴う迫力の音像に、さらに中音域を濃厚かつニュアンス表現を高めたSE846のものと、それにプラスして音場が一気に広がりを見せたのだ!これはスゴイ!!

といっても、総コストもすでに12万円近くに達しており(^_^;) 超えてきて当然とも言えなくもないがw

現時点で、間違いなく断言できる。

SE846とSR2リケーブルのコンビネーションはIE800を完全に凌駕していると。

DSC_4067s.jpg

category: イヤフォン

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/09/20 04:29 | edit

Re: SE846+D12の組み合わせですが・・・


こんにちは、コメントありがとうございます^^
当方では今のところホワイトノイズは再生時には発生しないですね。
(イヤホンを装着した状態で)電源入れてボリュームを上げる際に少しノイズは
出ますが、それ以外の時は一切ノイズは出ていません。

D12は個体差があるみたいなので、もし症状が気になるならば、ヒビノに問い合わせて
交換対応や修理?も手かと思います。

今後とも、宜しくお願いします(^u^)

K #- | URL | 2013/09/21 15:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xperiarx.blog.fc2.com/tb.php/25-d0e95f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。