スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

銀座SONYショールームでNW1Zを聴いてきた! 


みなさんこんにちは!(^O^)
ようやく銀座ソニーショールームでNW-WM1Zに触れてきました!
銀座のソニーショールームは先週末9月24日から移転リニューアルオープンしてまして、2022年まではここGINZA PLACEというそれまでのソニービルから1ブロック離れたところにあります。
話は少しそれますが、あのソニービルは来年から解体作業が始まって取り壊すそうです。
そして2020年秋ごろまで公園にするらしいですよw その後、新規でビルを建て直して新たなソニービルとする予定だそうです!その頃にはVRなんかも超本格的になっているんでしょうね!もちろんプレイステーション5でしょうね(^O^)

さて、こちらが現在ソニーショールームの移転先のGINZA PLACEの外観です。
DSC_0024.jpg


なかなかオシャレなビルですねw
1F、2FにはNISSANが入居していました(興味無しw)

すぐにSONYのフロアまでエスカレーターで上がりますと…ありました!ありました!
NW-WM1Zです(*^▽^*)
DSC_0036.jpg


銀座では5台のデモ機が並べてありまして、それぞれにこれまた新作の20万円するヘッドホンが挿さっていましたね。
(※新作ヘッドホンでも試聴しましたが、ここでは割愛します)
それでは手持ちのSHURE SE846にて早速試聴です!(今回はすべてアンバランス接続です)
音源はハイレゾのFlacファイル、音質設定も確認してダイレクトモードにしました。
POPS女性ボーカル曲を聴いてみたんですが、なんというか一聴して伝わってくる印象はサウンドそのものに厚みと安定感を感じることですね。極端な言い方をすると、手持ちの普段のZX1が無機質な音とするとこの1Zは有機的なサウンドを奏でます。情熱すら伝えてきそうなそんな印象。宣伝文句は伊達ではなかったです。
これは、、、ポータブルではちょっと感じたことのない感覚でした。素直に驚きましたねw

今回アンプの出力も上がっているのでそういった余裕さゆえの安定度もあるんでしょうか。(ちなみにゲインはノーマル設定です)

続けてスターウォーズのメインテーマを聴いてみました。こちらも壮大なオーケストラを余裕で鳴らしきっている感があります。BA型のSHURE SE846だとこの手のオーケストラサウンドは苦手なんですが、そんな苦手な音源にもかかわらず精一杯表現できてしまっています。
これはZX1+SE846では実現出来なかったことです。(ただしZX1+IE800に変えると改善はします)
それだけで1Zのポテンシャルの高さが実感できました。倍音の響きもしっかりと感じます!

10月中旬前にもやってくる新規購入の64Audio製のA12でこれらを聴いたら、いったいどうなってしまうのか!?期待は高まるばかりです。もっとも、この感動も32万円のウォークマンですからw 当然そうなってもらわないと困ると言われればそうなんですけどねw

デモ機のメモリー内には256kbpsのMP3も入っていたので、続けて聴いてみることにしました。
普段も256kbps程度のMP3音源はよく聴いているので、ZX1からの進化が良くわかるはずです。
設定は最初はダイレクトです。

聴いてみた感想なんですが、、、ZX1とあまり変わらない?知らない曲のせいもあって良く違いが分からないwww
ちょっと焦りました(;'∀') 32万のDAPでZX1とあまり変わらないことにw

ただ思ったんです。MP3フォーマットでは、その音質を改善するのは無理があることに。それは今ダイレクトモードで聴いているからだと!ダイレクトモードではZX1でも1Zでも、人間の聴感上同じイヤホンでは違いを厳密に感じることは厳しいのではないでしょうかね。(少なくとも私の耳ではw)

もちろんこの短い時間での一聴ですので、じっくり聴きこめば細部が違ってくることは想像はできます。しかし、MP3フォーマットなどで顕著なS-Masterゆえの女性ボーカルの高域部分の歪感などはZX1同様、1Zでもはっきりと感じます。
これはもうダイレクト再生ではどうしようもないのかもしれないです。

そこで!DSEE-HXの効果を試してみることにしました。これなら高域を補正することになるので、今回ZX1から大きく変わっているソフトウェア処理でもあるので期待できそうです。
今回はいくつかのモードがありまして、その中から《女性ボーカル》というものを選んで聴き直してみました。
すると、、、、なんとビックリ( ゚Д゚)!!
高域のボーカルの歪感が全て綺麗に取り除かれているじゃありませんか!しかも特段籠るわけではなく、輪郭を丸めて騙すような手法ではありません。
完全に高域を補正できていることが実感できました。こ、、、これは、、、、スゴイ!!!ww
いや、ぶっちゃけるとこのMP3再生でのDSEE-HXが一番スゴイかもw

32万円のNW1ZでMP3を聴く!サイコーじゃないですか(;^ω^)
俄然欲しくなってきましたw しかしこれ、、、1Aでも同じ結果かもね(オイ
※MP3メインやCD音源多用の方であれば1Aでも非常に満足感高いはずですねこれ。
※ちなみに今回、1Aは試聴していません。


ということで、短い時間でのサウンドインプレでした|д゚)
ちなみに1Zの455gと言われている重さですが、片手で握って持ってみたところ想像以上に?普通でしたww
これは意外な高評価w 特にゲー!とかそんな印象にはならなかったです。おそらく先入観ですでに重いものとして認識をした上で持っているので、すでに慣れていたのかも(爆

また2回目の機会があったら、というかA12が米国から到着したら、1Zの発売まではまだ時間があるでしょうからその際にはまた銀座ソニーショールームへ足を運んで改めて聴いてみたいと思っています♪
その時には自前でmicroSDカードを持って行って、お気に入りのサウンドを鳴らしてみようと思っています♪



category: ウォークマン

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xperiarx.blog.fc2.com/tb.php/62-1bba4f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。