スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Master&Dynamic MH40ヘッドフォンのバランス化に挑戦(*^▽^*) 


みなさんこんにちは(^^)/
久しぶりのブログになってしまいましたが、その後WM1Zの調子などはいかがですか?
新しいパッチもリリースされてますます快適にはなっていますね!

一方私のほうはDX200のモンスターぶりにすっかり魅了されておりまして(;^_^A
ひょんなことから先日Twitterフォロワーさんのお勧めもあってMaster&DynamicのMH40なるヘッドフォンを購入しました!
このヘッドフォンが実はとんでもない潜在能力を秘めたやつでしてw
ノーマルのままでも到底5万円で買えるような音とは思えないサウンドをこれでもかと鳴らしてきます。実際、ほぼメジャーなヘッドフォンを店頭で試聴してきたのですが、どれもこれもいまいち個人的な好みに合致しなくて半ばあきらめていた時の出来事だっただけに、その衝撃は生涯忘れることはないでしょう(大げさやろw)
※ちなみに中古などで買うと2万円少々でも購入できます(;´・ω・)

それで、そんなMH40が実は比較的簡単にバランス入力に改造できてしまうという情報をGetしまして…本日ついに部材やら何やらが整ったので実行しました(^^)/

まずバランス化で必要になるリケーブルですが、これはORB Audioさんからリリースされている下記のものをそのまま使用します。そのままですよ!ケーブルには一切加工は必要ありません!なんとお手軽なww

ケーブル自体もなかなか評判が良く、しっかり丁寧に匠によるハンドメイドとあって期待できます!

http://www.orb.co.jp/audio/products/cfsbd.html


Clear force 3.5φ Slim body double 2.5φ
( 2.5φ/4極 (Balanced) タイプ )
cfsdb_25_img_big.jpg



次に必要な部材は、MH40のスピーカードライバと端子基板を新たにつなぎ直すために使う極細の配線1m切り売り品です。私はオヤイデ電気から購入しました、こちらの4N純銀線1m(1,200円/m)です。

http://oyaide.com/catalog/products/4n_jyungin_yorisen.html


1488370202407.jpg


それと、ひとつだけ特殊な工具でY字ドライバーが必要です、MH40のネジは1.8mmのものなのでそれに対応できる小さいY字ドライバーを購入してください。

改造するために必要な材料はこの二つと、工具1つだけです(^_-)-☆
あとは、もちろん作業に必要な半田ごてやニッパー、ハンダ吸い取りシート、テスターなどなどは別途揃えてください。


それでは作業をしていきます!基本的にやることは、左右それぞれのスピーカーユニットに+と-の配線を付けて接続コネクタ基板へ繋げてあげるだけです。

まずはMH40からパッドを取ります。これはマグネットでくっついているだけで簡単に取ることができるんです!

DSC_0218.jpg



パカッと取れたら、次はユニット蓋板についている4つのY字ネジを取ります。
そうすると、この薄い鉄板を取れるようになるので裏側の配線に気を付けて取り外してください。
最初は意外にきついので、適当な細長いマイナスドライバーなどでメッシュ状の部分からテコの原理で取ります。

DSC_0220.jpg


この作業をやめるなら、ここが最後のポイントとなりますw(;^_^A
覚悟は良いでしょうか?
※今回の改造方法ではミュート機能は無効になります。その点だけ十分気を付けてください。




それでは、この今繋がっている配線をすべて取り除いていきます。まずは適当な長さのところでカットします。

DSC_0226.jpg





そして、ハンダ吸収材を用いてハンダに熱を通し、それぞれの既存の配線ハンダを吸収し、配線をすべて綺麗に取り除きます。

DSC_0233.jpg





イヤホンジャック側の端子基板もこの通り。

DSC_0243.jpg




特に右側のドライバーユニットは、ミュート機能や左右迂回配線などの都合でケーブルがやや多く配置されていますが、これも同様に今回の改造内容にはすべて不要ですので排除します。

DSC_0250.jpg





そうして無事にドライバーユニットが綺麗に取り外せました。

DSC_0246.jpg




ここが今回の作業の一番の要です。(説明は左右それぞれのユニットで同じですので右側で説明します)
画像の通り、2番をスピーカーユニットの+へ、5番を-へそれぞれハンダ付けします。
配線の長さは100mmもあれば十分足りると思います。短すぎてもいけないですし、長すぎても音質の劣化に繋がりますので適度な長さを判断してください。ハンダは今回音響用の成分が良いものを用いています。
配線とハンダはなるべく良いものを選んでください。音質の良しあしに直結します。

DSC_0257_20170301233026c31.jpg


左右やり終えたら、これで終了です!(初心者の方でも十分にできる内容だと思います)
このあと手持ちでテスターをお持ちであれば別途配線具合をチェックするのも手です。



極性を判定し、短絡の場合は1.xΩ程度、+-でチェック時のいわゆるインピーダンスは32Ω前後になるはずです。

DSC_0261.jpg



あとはスピーカーユニットを元通りネジで止め直し、パッドを装着すれば完成となります!

これをDX200の2.5mmバランス端子へ接続し、聴いてみると。。。。(◎_◎;)
物凄いボーカルの定位の中での壮大なサウンドステージの展開、さらに音の解像度のさらなるアップとライブ感の向上、低域のレスポンス改善やパンチ力の凄まじい改善と、、、ヘッドフォンが2ランク3ランクあがった感覚にまさに到達できます!ORB Audioのケーブルもとてもしなやかで上品なものです。このリケーブルの効果や内部配線にオヤイデの4N純銀撚線の仕様の効果もあって大変費用対効果の大きなDIYになると確信できます。

もし興味のある方は、ぜひご自分の手でMH40という名機ヘッドフォンのランクアップを試みてみてはいかがですか!?
(*^▽^*)


それでは、次回はいよいよ年越しして待ちに待った64Audio A18tzarの着弾報告エントリーでお会いします!





category: イヤフォン

TB: 0    CM: 0   

iBasso DX200はやはりモンスターDAPだった!( ´゚д゚`) 


皆さんこんばんは(^^)/
徐々に徐々に冬から春へ季節が移り行く中、いかがお過ごしでしょうか!?

昨年から今年にかけては、ポータブルオーディオ界がとても賑やかですねー!
最近もAK380SSという、今度はステンレスの塊で出してきたりと話題が尽きません。

そんな中、つい先日私はiBassoのDX200を購入し、エージングを兼ねながら少しずつ聴き込んでいるわけですが…
先日EffectAudioの2.5mmバランス端子版のThorSilver2+の購入を境に、一気にこのDX200に惚れこんでいくという事態に直面しております!!(◎_◎;)


71FTdSlGp0L.jpg



やはりESS社が開発したES9028ProというDACはタダモノではないですね!動特性を重視して開発したということで、すでにリスニング段階で経験しているように音場の広さと、その立体的・3D空間的な広がりの中での各楽器やボーカルの定位感が非常に優れているんです…
正直に言って、この音は隣にあるWM1Zの4.4mmバランス環境を凌駕してしまいました、しかもアッサリと。

これは実売価格からすると大変なヒエラルキーの崩壊であり、最もデジタルオーディオで重要なパーツであるDACの重要性を再認識した瞬間でした。不幸なことに、このDX200は現状でも日本国内で気軽に購入できる環境に無く、今でもiBasso本国直販ページでは品切れ状態となっています。

そこで、今回色々調べると、なんとAmazon.comにJapanへの配送もOKな販売ページ(ProStudio Sound & Music)を見つけましたのでお伝えしたいと思います
(^◇^)

日本円実売価格で108,000円程度となっており、送料も日本向け配送時でもFreeという記載でした!
Amazonですので、配送などの信頼性もあると考えてのエントリーです。

国内では10万円前後の価格帯は、もちろんソニーのWM1Aを含めてライバルが犇めくゾーンですが、もし私のこの個人的なブログエントリー内容に興味をお持ちになって、信じてみようw?などという方がいたらぜひチャレンジしてみてください!

特にEDM系全般、ジャパニーズPOPS、ロック、メタルなどほぼオールマイティに相性は良いはずです!
クラシック系などもとても良い感じですが、クラシックに限りWM1Zの濃厚なサウンドも非常に好印象であることはお伝えしておきます!

※↓はアフィーにもなっていませんのでどうぞご安心をw(;^_^A

iBasso DX200 High Resolution Reference Audio Player Supporting PCM 32bit/384K...
91uKKnKPlAL.jpg


https://www.amazon.com/dp/B01MTEVQ1B/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_7HbPybZH1N44G





-- 続きを読む --

category: DAP

TB: 0    CM: 0   

DX200にV1.3.60ファームウェアアップデートがきました(^^)/ 


みなさんこんにちは!(^O^)
その後、DX200を可能な限り使うようにしていますが、エージングが徐々に進むにつれてサウンドのほうも少しずつ色々と進展が見られます。またこちらについてはじっくりエージングをしたあとにインプレッションはお伝えしたいと思っています!

今日のエントリーはDX200のファームウェアアップデートになります。
iBassoの公式サイトにてアップロードされたばかりです。現在のV1.2.44からV1.3.60へマイナーアップデートとなります。

ファームウェアはこちらのリンクからどうぞ。


改善内容がファームの中のファイルに記述されていましたので掲載しておきます。

1. DoP output function added to SPDIF port.
2. Added battery percentage to notification bar.
3. Added clock on Mango OS.
4. Improved physical buttons compatibility for third party player APPs.


以上の4点ということです。Mangoプレーヤー起動中のバッテリー表示への残量%追加など、かなり嬉しい改善も含まれていますね!
気になっていた方は早速適用してみてはいかがでしょうか。

ところで、私のDX200ですが、しばらく時間を置いた後の電源ボタン長押しでの電源投入がうまくいかないことが多々起きていて困っていますw (;^_^A
これは私だけかな?とも思うんですが皆さんはいかがですか?
電源ボタンの接触不良ではないことは確かで、時間を置いた後のコールドブート時に電源が入らないという限定的な現象なんです(;´∀`)
↑のファームアップ含めた今後で改善でもすればいいんですが…もしこのままたびたび起きるようであれば、初期不良交換でも申し込もうかなと思っています。


category: DAP

TB: 0    CM: 0   

iBasso DX200 開封動画です(^^)/ 


みなさんこんばんは!(*^▽^*)
iBasso DX200が昨日無事に到着しましたので、早速今夜は開封動画と一部GUIなどの動作をお届けしようと思います!
肝心のサウンドのほうですが、今朝から聴き込み始めていますが…すでに電源投入直後からかなりハイレベルなサウンドを鳴り響かせておりますよ!!

本来、32万円もするSONYのフラッグシップ機WM1Zなどと比べるほうがおかしな話のはずなですが、なんと肉薄する局面もありながら一部分ではWM1Zを超えているインプレッションもあるなど、ES9028ProをDualで搭載させたこの小さなモンスターDAPの底力を思い知らされております(゚Д゚;)

本日のエントリーはひとまず開封動画のみとなっておりますので、最後の最後で出てくるカッコイイ本革ケースまで、興味のある方はしっかりとご覧いただければと思います\( 'ω')/










category: DAP

TB: 0    CM: 0   

iBasso DX200を購入した\( 'ω')/ 

みなさんこんにちは!(^O^)

先日のエントリーでEffectAudioのEROSⅡ+ 4.4mmバランスケーブルが届きまして、その後順調に私のWM1Zのエージングも進んでいます。かなり音質が向上してきましたので、動画のほうでインプレッションを近日お届けしたいと思っています。

さて、本日のエントリーは久々の?iBassoAudioのことになります。
数年前にiBassoのD12HjというポータブルヘッドフォンアンプにAK100という組み合わせで音楽を楽しんでいた時期がありました。それ以来になるんですが、今回はDX200という新フラッグシップDAPを購入することになりました|д゚)
900x900px-LL-a26bbe5a_C1.jpeg


仕様は下の通りです。

The DX200 measurements/specifications.

DX200 Specifications:
2.5mm Balanced Output:
Output voltage 6Vrms
Frequency Response: 20Hz-20KHz -0.16dB
Signal to Noise Ratio:125dB
Crosstalk: -122dB
THD+N: < 0.0002%, -114dB (64Ω@3Vrms)
3.5mm Single-ended Output:
Output voltage 3Vrms
Frequency Response: 20Hz-20KHz -0.16dB
Signal to Noise Ratio:122dB
Crosstalk: -118dB
THD+N: < 0.00032%,-110dB (32Ω@1.8Vrms)
Lineout:
Output voltage 3Vrms
Frequency Response: 20Hz-20KHz -0.16dB
Signal to Noise Ratio:122dB
THD+N: < 0.00025%,-112dB

Dimension 128.5mm*69mm*19.5mm. Weight 240g

Features:

1. Micro SDXC card slot.
2. Type C USB connector (C connector USB2).
3. RK3368 CPU.
4. 2GB LPDDR.
5. The DAC chip is the ES9028pro.
6.. WIFI
7.. Blue Tooth.
8. 64gb internal memory.
9. Mango (iBasso operating system) and Android 6.0.
10. Interchangeable amplifier sections.
11. Stock amplifier: Amp1 a balanced and single ended amplifier. Specifications above.
12. Custom leather case included.
13. Optical and coax output. SPDIF
14. Line out.


最大の特徴は何といってもES9028ProというDACをDualで搭載し、Accusilicon社製の超低ジッタークロックを搭載していることです。

このES9028ProというDACが凄いしろもののようで、調べてみると定価40万円オーバーの据え置き機にも採用されているようなハイエンドなDACチップなんですね!

そんな豪華なチップを搭載し、周りを今どきのネット・WiFiあり、Androidありなどの仕様で固めています。
すでにHeadFiなどでも相当の実力を発揮しているようなので、非常に楽しみにしています。

WM1Zで慣らされた耳に、汎用豪華チップで固めたこのDX200がどんな音で聴かせてくれるのか、とても楽しみですね。
主にサブ機として気分転換で使用するイメージです。2.5mmのバランス搭載ですが、また2.5mmをそろえるのもあれなんで3.5mmアンバランスで運用はしていくつもりです。
気軽に高音質を!というセンスでいこうと思っていますよ(^^♪
お値段はおよそ105,000円、iBassoのワールドサイトから直接オーダー出来ます。WM1Aよりも安く買えるので、WM1Zまでの高価格帯に届かない方々の選択肢になるのではないかと思っています。

WM1Aにはネットなどの今どきの機能が一切ないので、DX200のサウンドが相当なレベルにある場合には、1Aという選択肢よりもより幅広い使い方のできるDX200という選択肢もアリになってくると思います。

操作系のインプレッション動画がすでにアップされていたので貼りますが、WM1系にあるモッサリ動作とは無縁なサクサク感が羨ましいですね~w



近日中に着弾する予定ですので、こちらについても動画インプレッションでお伝えしようと思います(^^)/



category: DAP

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カレンダー

XPERIA・ポータブルオーディオ関連リンク集

KのブログのQRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。